セルジオ・ペレス

no title 2024年F1情報

F1関係者が痛烈批判!ボッタスとリカルドの移籍先はサーカス?ペレスに引退勧告!2025年に入れ替わるのは2人のみ?

モーターレース界で著名な人物が、2024年の終わりにはパドックゲートから出て行ってほしいと考える現在のF1ドライバー2人を挙げた。 2023年シーズン終了後も20人のドライバーがグリッド上のポジションを守り抜いたことから ...
thumbnail image 2024年F1ニュース

大きなリスクを伴うレッドブルのドライバー選択。フェルスタッペン離脱への備えが見えず/F1コラム

 レッドブルがセルジオ・ペレスとの契約を2年延長したことに驚いた人は少なくないだろう。長年F1を取材しているベテランジャーナリスト、ルイス・バスコンセロス氏が、レッドブルがこういった判断に至った背景と、この決断がはらむリスクについて記した。─────────────────────────── 現在、レッドブル・レーシング内にはっきりとした分裂が見られるのは周知のとおりだ。クリスチャン・ホーナー代...
thumbnail image 2024年F1ニュース

不振続くセルジオ・ペレス。ホーナー代表も「適応に苦戦している」と認める/F1カナダGP

 セルジオ・ペレスのカナダGPでの戦いは、実質的にクラッシュで幕を閉じた。レースの多くをトップ10圏外で過ごした後、52周目にターン5に進入する際にスピンを喫したのだ。 ペレスは2週間前のモナコではファーストラップでクラッシュし、その1週間前のエミリア・ロマーニャGPでは大きく順位を落としているため、過去3レースでわずか4ポイントしか獲得できていない。事実、彼のパフォーマンス不足はコンストラクター...
no title 2024年F1情報

ペレス不振の中、レッドブルF1の救世主はフェルスタッペンとライバルたち:マルコ博士が語るチームの現状

レッドブルF1はセルジオ・ペレスとの新しい契約が2年間であると発表したが、F1カナダGPでもそのパフォーマンスは影を潜めていた。チームのコンストラクターズ・ランキングは1位だが、ペレスの現在のドライバーズ・ランキングは5 ...
no title 2024年F1情報

不調の原因を指摘—レッドブルF1は“事実上1人チーム”とフェルスタッペンとノリス:ペレスの2年契約に疑問符

レッドブルF1はセルジオ・ペレスとの新しい契約が2年間であると発表したが、マクラーレンのランド・ノリスやフェルスタッペン自身でさえ、現在のレッドブルは事実上一人のドライバーチームだと考えている。 ノリスは「結局のところ、 ...
no title 2024年F1情報

「驚くべき決定」ペレスの再契約にハッキネンとシューマッハが驚愕!レッドブルF1の選択を徹底批判

2人の元F1優勝経験者が、セルジオ・ペレスと再契約したレッドブルF1を批判した。 ■ハッキネンもラルフ・シューマッハも驚く 1998年と1999年のワールドチャンピオン、フィンランド人のミカ・ハッキネンは、このような状況 ...
no title 2024年F1情報

「何が起こるかわからない」角田裕毅は虎視眈々!ペレスとレッドブルF1はただの“2年契約”ではなかった

レッドブルF1はセルジオ・ペレスとの新しい契約が2年間であると発表したが、コンサルタントのヘルムート・マルコ博士は契約には「特定の条項」が含まれていると既に認めている。 ■ペレスは1年+1年オプション契約 レッドブル・レ ...
thumbnail image 2024年F1ニュース

レッドブル&HRC密着:“願ってもない状況”で弱点が隠れる。タフな週末の勝利を「誇り」と称えたフェルスタッペン

 F1第9戦カナダGP土曜日の予選で2番手となったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、直後に行われた記者会見で、日曜日のレースが雨になる可能性が高いことを告げられると、笑顔でこう答えた。「僕はオランダの出身で、ウエットコンディションでのドライブをたくさん経験してきたから、問題はない。もちろん、最近のクルマは雨がひどいと視界が悪くなるから、フルウエットのコンディションではレースをやることはな...
thumbnail image 2024年F1ニュース

三つ巴の戦い制したフェルスタッペン「何が起こるか分からないって楽しい!SCは幸運だったがそれもレース」F1カナダGP

 2024年F1カナダGP決勝で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは2番グリッドから優勝を飾った。セルジオ・ペレスはバリアに接触したことによるマシンダメージでリタイアした。 フェルスタッペンは、ポールシッターのジョージ・ラッセル(メルセデス)、3番グリッドのランド・ノリス(マクラーレン)との激しいバトルを勝ち抜いて、今季6勝目、キャリア60勝目を挙げた。 ラッセルを追うなかでミスをした際に、...
thumbnail image 2024年F1ニュース

ペレスが次戦3グリッド降格。損傷したマシンで走行、指示したチームには罰金。RBは角田への連絡ミスでペナルティ

 F1スチュワードは、F1第9戦カナダGP決勝中、セルジオ・ペレス(レッドブル)が、マシンが大きなダメージを負った状態で走り続けたことについて、安全性の懸念があり、レギュレーション違反であるとして、レッドブルに罰金、ペレスには次戦スペインGPでの3グリッド降格のペナルティを科した。 ペレスはターン6でバリアに接触、マシンに大きなダメージを負ったが、リヤウイングが外れかけた状態で走行を続けてピットに...
thumbnail image 2024年F1ニュース

レッドブル&HRC密着:コンディションが一変しリヤエンドに苦労「セットアップに根本的な問題がある」と16番手のペレス

 2024年F1第9戦カナダGP金曜日のフリー走行でパワーユニットになんらかの不具合が発生したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)。チームからはERS(回生エネルギーシステム)のトラブルという情報が直後に入ってきたものの、その後、続報は伝えられていない。 パワーユニットを新しくした場合、国際自動車連盟(FIA)から、その情報が発表されることになっている。しかし、この日、FIAから新しいパワーユ...
thumbnail image 2024年F1ニュース

フェルスタッペン、PPと同タイムは「予想より良い結果」ピット規則違反の疑いも晴れる。Q1落ちのペレス「自分に腹が立つ」

 2024年F1カナダGPの予選で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは2番手だった。ジョージ・ラッセル(メルセデス)のポールポジションタイムと同一の1分12秒000を記録したフェルスタッペンだが、ラッセルの方がタイムを出したタイミングが早かったため、2番手となった。 セルジオ・ペレスは、16番手で、Q1敗退という結果だった。 フェルスタッペンは、予選Q2開始直前、ピットレーンでファストレーン...
no title 2024年F1情報

セルジオ・ペレス、予選に向けて自信あり:難コンディションで順位は心配せず

2024年F1第9戦カナダGP(ジル・ビルヌーブ・サーキット)が初日を終えて、セルジオ・ペレス(レッドブル)が次のように語った。 ●【2024F1第9戦カナダGP】フリー走行2回目のタイム差、周回数/スケジュール・全セッ ...
thumbnail image 2024年F1ニュース

レッドブル&HRC密着:ダメージを負ったペレスのPUは調査中。一方フェルスタッペンにERSトラブル、頭を悩ます初日に

 6月4日、レッドブルが今シーズン末で契約が切れるセルジオ・ペレスとの契約を2025年から2年間、延長すると発表した。カナダGP前日の国際自動車連盟(FIA)の会見でペレスは今回の契約について、次のように語っている。「すべての交渉がそうだと思うが、常にプロセスを踏まなければならない。それがなくなったいま、チームにとっても僕自身にとっても、純粋にコース上のパフォーマンスに集中できることは、素晴らしい...
thumbnail image 2024年F1ニュース

フェルスタッペン車から白煙、ERSトラブルが発生「原因を調査中。週末にどう影響するのかはまだ不明」F1カナダGP

 2024年F1カナダGPの金曜、レッドブルのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=5番手/フリー走行2=18番手、セルジオ・ペレスはフリー走行1=9番手/フリー走行2=10番手だった。 FP1開始時、FIAは、フェルスタッペンとペレスのパワーユニットに、シーズン3基目のICE、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-K、シーズン4基目のエキゾーストシステムが入れられたことを発表した。すべてシ...
no title 2024年F1情報

【解説】なぜペレスと2年契約?チャンピオン・レッドブルF1の現状と未来に必要な3つの要素 — 角田裕毅やサインツを上回る理由

レッドブルF1は、セルジオ・ペレスが2026年までチームに残留することを発表した。一方で、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、2028年までの契約を今年末に終了してメルセデスへ移籍するという噂も根強く残っている。 ...
no title 2024年F1情報

ペレスとレッドブル“2年”契約延長の裏側とは?角田裕毅やサインツはどうする?

レッドブルF1は、セルジオ・ペレスが2026年までチームに残留することを発表した。1年契約との意見が多かった中、2年契約という発表となった。 最近明らかになったのは、マックス・フェルスタッペンが明らかなナンバー1ドライバ ...
thumbnail image 2024年F1ニュース

レッドブルF1、セルジオ・ペレスとの契約を2年延長。少なくとも2026年まではフェルスタッペンとのコンビを継続へ

 オラクル・レッドブル・レーシングは、セルジオ・ペレスとの契約を2年延長したことを発表した。 ペレスは2021年にレッドブルに加入し、今年で4年目のシーズンを迎えた。開幕からの5戦で4度の表彰台を獲得し、第8戦モナコGPが終了した時点で107ポイントをマークしドライバーズ選手権で5位につけている。 2年間の契約延長が決まったペレスは、次のようにコメントした。「この素晴らしいチームに自分の将来を託せ...
no title 2024年F1情報

【公式発表】角田裕毅の昇格は消滅…レッドブルF1、セルジオ・ペレスと2026年まで契約更新

オラクル・レッドブル・レーシングは、セルジオ・ペレスが既存の契約を2年間延長したことを発表した。 今シーズンここまで素晴らしい活躍を見せている角田裕毅(RB)の昇格は、少なくとも2年間は消えたことになる。 ■レッドブルと ...
no title 2024年F1情報

レッドブルはペレスのクラッシュで損害5億円!今後の開発にも懸念…好調フェラーリ、2024年チャンピオン獲得の可能性も

シャルル・ルクレール(フェラーリ)が地元モナコでポールポジションから悲願の勝利を果たし、レッドブルのパフォーマンスが突然低下したことで、2024年のワールドチャンピオンシップも手に入る可能性も出てきた。 F1モナコGPを ...
thumbnail image 2024年F1ニュース

ペレスのクラッシュに関連するコストは数億円規模に。ライバルとの争いにおいて「必然的に不利になる」とマルコが懸念

 レッドブルのモータースポーツコンサルタントを務めるヘルムート・マルコは、先週末のF1第8戦モナコGPでセルジオ・ペレスが喫した大クラッシュに関連する費用を算出したが、この支出がレッドブルのシーズン中の成長を損なう可能性があると警告した。 ペレスはモナコGPの決勝レースの1周目にボー・リバージュへと登っていく際に、ハースのケビン・マグヌッセンと接触した。幸運にもペレスは、大きな怪我をすることなくレ...
thumbnail image 2024年F1ニュース

レッドブル&HRC密着:スタート直後の赤旗で“最悪の状況”に。逆転叶わずも「弱点がわかった」と前を向くフェルスタッペン

 レッドブル・ホンダRBPTのF1第8戦モナコGPは、波乱の幕開けとなった。 16番グリッドからスタートしたセルジオ・ペレスが、スタート直後の1コーナーを立ち上がったところで、ケビン・マグヌッセン(ハース)と接触、その後ニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)を巻き込む大クラッシュとなり、赤旗中断となった。 接触したペレスとマグヌッセン、2台の事故に巻き込まれる形となったヒュルケンベルグの3台がその場でリ...
thumbnail image 2024年F1ニュース

大事故のペレスが怒り「ケビンは接触が避けられなくても引かない。とても危険な行為」調査を行わない審議委員にも不満

 2024年F1モナコGP決勝で、レッドブルのセルジオ・ペレスは、1周目の多重クラッシュによりリタイアという結果に終わった。 16番グリッドのペレスは、ボー・リバージュを駆け上がる際に、ケビン・マグヌッセン(ハース)とニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)の前を走っていた。マグヌッセンがペレスを追い抜こうとして右側の隙間に飛び込んだ際に、2台が接触。この混乱にヒュルケンベルグも巻き込まれ、3台が大きなダ...
no title 2024年F1情報

ペレスが怒りのコメント!「マグヌッセンが全開にしたのは不要だった」スチュワードにもチクリ「危険な事故だったのに」

2024年F1第8戦モナコGPの決勝レースはスタート直後にいきなり赤旗中断になったが、不運にも突然リタイアになったセルジオ・ペレス(レッドブル)が次のようにコメントした。 ●【2024F1第8戦モナコGP】決勝レースのタ ...
thumbnail image 2024年F1ニュース

レッドブル&HRC密着:低速コーナーと縁石に大苦戦、マシンとも格闘したフェルスタッペン。Q3ではウォールに接触し6番手

 F1第8戦モナコGPの予選が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が今シーズン初めてポールポジションを逃した。これで前戦エミリア・ロマーニャGPで並んだアイルトン・セナが持つシーズンをまたいでの8戦連続ポールポジションと、アラン・プロストが持つ開幕からの7戦連続ポールポジションのふたつの記録を更新することはならなかった。 ただし、金曜日の時点でポールポジションを獲得することは難しいと認...
thumbnail image 2024年F1ニュース

フェルスタッペン、「ゴーカートのようなマシン」で予選6番手。ペレスはQ1敗退の“大惨事”:レッドブル/F1モナコGP

 2024年F1モナコGPの予選で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは6番手、セルジオ・ペレスはQ1で敗退し、16番手に終わった。 フェルスタッペンは、Q3最初のアタックラップで一時3番手につけたものの、最後のラップで体勢を崩してバリアに接触、アタックを諦めざるを得ず、他のドライバーたちのタイム更新により、6番手にポジションを下げた。  ペレスは予選18番手だったが、ハース2台が技術レギュレ...
thumbnail image 2024年F1ニュース

【F1第8戦予選の要点】アロンソとペレスの失速。モナコを得意とするガスリーの大健闘と入賞の可能性

 1周わずか70秒あまりのモナコ・モンテカルロ市街地コース。そして2024年シーズンは全20台のマシン性能差が、去年までとは比較にならないほど接近している。予選直前に行われたフリー走行3回目(FP3)では、セッショントップのシャルル・ルクレール(フェラーリ)から15番手のランス・ストロール(アストンマーティン)までの15台が1秒以内にひしめいた。それゆえに予選は波乱の展開が予想され、実際に十分過ぎ...
thumbnail image 2024年F1ニュース

レッドブル&HRC密着:「こうなることは覚悟していた」4つのアップデートを実施も初日は苦戦。バンプでの弱点が露呈

 レッドブル・ホンダRBPTは、市街地サーキットで開催されるF1第8戦モナコGPに以下の4つのアップデートを投入してきた。(1)リヤウイング モナコのコース特性に合わせて空力のバランスレンジを最適化したもので、アッパーリヤウイングを拡大させ、ある対気速度で最も大きな荷重がかかるように設計した。2024年F1第8戦モナコGP レッドブルRB20のリヤウイング(2)ビームウイング これもモナコのコース...
thumbnail image 2024年F1ニュース

フェルスタッペン、頭痛がするほどのポーパシングに苦しむ「マシンの特性の問題。奇跡の解決法などない」F1モナコGP

 2024年F1モナコGPの金曜、レッドブルのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=11番手/フリー走行2=4番手、セルジオ・ペレスはフリー走行1=12番手/フリー走行2=8番手だった。レッドブルは今回、アップグレードとして、リヤウイング、ビームウイング、フロントコーナー(モナコ用冷却レンジ)、フロントコーナー(信頼性向上目的)の変更を行っている。 FP1スタート時、FIAは、フェルスタッペン...
thumbnail image 2024年F1ニュース

中国GP以降伸び悩むセルジオ・ペレス。契約更新の保留が大きなプレッシャーに

 セルジオ・ペレスがレッドブルとの新契約を獲得する望みは、エミリア・ロマーニャGP後に打ち砕かれた。 ペレスはQ3に進出できず、イモラでのレースでは前半にコースオフしたことから、大きく引き離されて8位でフィニッシュした。同じ週末に、チームメイトのマックス・フェルスタッペンはポールポジションを獲得し、日曜日には優勝を飾った。 それだけでは不充分であるかのように、ペレスはシャルル・ルクレールにチャンピ...
thumbnail image 2024年F1ニュース

2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP決勝トップ10ドライバーコメント(1)

 2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースで6位~10位に入賞したドライバーたちが日曜日を振り返った。6位~10位のドライバーはルイス・ハミルトン(メルセデス)、ジョージ・ラッセル(メルセデス)、セルジオ・ペレス(レッドブル)、ランス・ストロール(アストンマーティン)、角田裕毅(RB)だ。■角田裕毅(ビザ・キャッシュアップRBフォーミュラ1チーム)決勝=10位(62周/63周)7番...
thumbnail image 2024年F1ニュース

レッドブル&HRC密着:“マックス劇場”から一転「まるで氷の上を走るよう」な状況に。ストレートで速度を落とさず対処

「今日のレースは前半と後半の2部で異なるドラマとなった」 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表はそう言って、今年のF1第7戦エミリア・ロマーニャGPのレースを振り返った。 前半はスタートからピットストップまでの24周で、後半は25周目からチェッカーフラッグまでの38周だ。前半はポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペンが1コーナーを制して、2番手のランド・ノリス(マクラーレン)と...
thumbnail image 2024年F1ニュース

フェルスタッペン、ノリス&ペナルティの脅威と戦い辛勝「ハードが機能せず厳しかった。逃げ切ることができて安堵」

 2024年F1エミリア・ロマーニャGP決勝で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは優勝、セルジオ・ペレスは8位を獲得した。 フェルスタッペンは、ポールポジションから首位を守って走行し続けたものの、終盤ハードタイヤの摩耗に苦しみ、2番手のランド・ノリス(マクラーレン)との差が6秒から徐々に縮まり始めた。さらに、トラックリミット違反を3回犯したフェルスタッペンには、ブラック&ホワイトフラッグが提...
thumbnail image 2024年F1ニュース

レッドブル&HRC密着:初日から改善を実感も不安が残った予選。苦戦の末のポール獲得は「本当に格別」とフェルスタッペン

 F1第7戦エミリア・ロマーニャGPの初日に7番手と8番手に低迷したレッドブルは、金曜日の夜、走行データを分析し、セットアップを大きく見直した。そのため、土曜日のフリー走行3回目は珍しく2台そろってセッション開始早々から周回を重ねていた。 フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)がクラッシュして赤旗が出されたセッション中盤の時点でのレッドブル2台のポジションはマックス・フェルスタッペンが3番手...
thumbnail image 2024年F1ニュース

フェルスタッペン、セナ&プロストの記録に並ぶ連続ポール「苦労し続けた週末。この挽回を誇りに思う」/F1第7戦

 2024年F1エミリア・ロマーニャGPの予選で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンはポールポジションを獲得、セルジオ・ペレスは今季初めてQ2落ちを喫し、11番手となった。ペレスはFP3終盤にターン15でウォールに軽くヒットするというインシデントにも遭っている。 フェルスタッペンは2023年最終戦アブダビGPから8戦連続でポールポジションを獲得、アイルトン・セナの記録に並んだ。開幕7戦連続ポー...
thumbnail image 2024年F1ニュース

レッドブル&HRC密着:RB20に5つのアップデートを実施。初日は「期待ほどパフォーマンスはよくなかった」と不安が残る

 ヨーロッパラウンド開幕戦となったF1第7戦エミリア・ロマーニャGPで、レッドブルは大規模なアップデートを行ってきた。レッドブルがイモラに持ち込んだ新しい空力パーツは5点だ。 1点目のフロントウイングはエンドプレート前縁の位置を変更するとともに、フラップエレメントの3枚目と4枚目のプロファイルを再設計した。2点目はノーズで、ノーズボックスのフェアリングがフロントウイングのフラップエレメントの変更に...
thumbnail image 2024年F1ニュース

フェルスタッペン、コースオフを繰り返し、0.541秒差の7番手「ひどい一日。快適に走れなかった」/F1第7戦金曜

 2024年F1エミリア・ロマーニャGPの金曜、レッドブルのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=5番手/フリー走行2=7番手、セルジオ・ペレスはフリー走行1=4番手/フリー走行2=8番手だった。フェルスタッペンのFP2のタイムはシャルル・ルクレール(フェラーリ)が記録した最速タイムより0.541秒遅いものだった。 今回、レッドブルは、フロントウイング、フロアエッジ、リヤコーナー、フロアボディ...
no title 2024年F1情報

ペレス「風の影響でトリッキーだった」イモラ初日のレッドブルF1の課題と予選での巻き返しを誓う

2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP(イモラ)の初日をセルジオ・ペレス(レッドブル)が振り返った。 ●【2024F1第7戦エミリア・ロマーニャGP】フリー走行2回目のタイム差、周回数/スケジュール・全セッションの ...
no title 2024年F1情報

サインツの未来は?ペレス残留濃厚で閉ざすレッドブルのドア、メルセデスとアウディが異なるオファー

レッドブルがセルジオ・ペレスとの2025年の1年契約に合意したという新たな噂の中、トップチームのシートを模索するカルロス・サインツにとって重要なドアが僅差で閉ざされたようだ。 フェラーリを去ることになるスペイン人のサイン ...