セダン

no title 10年ひと昔

【10年ひと昔の新車】スバル インプレッサWRX STIの4ドアに待望の「スペックC」が登場した!

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、スバル インプレッサWRX STI スペックC(4ドア)だ。...
no title CAR

ホンダ アコード e:HEVは全方位で進化。セダンゆえに実感できる個性とはなにか

ホンダはレジェンド無き今、フラッグシップモデルの役割を新型アコードに託すことになった。一般道路と高速道路でその実力を試す機会を得たのだが、その乗り味の進化に加えてGoogle搭載のインフォテインメントや最新の運転支援技術など全方位での進化を感じられた。(MotorMagazin…...
thumbnail image BMW

次期「電動版」M3にはワゴン(ツーリング)ボディも存在するようだ。まずはコードネームZA0にて2026年にM3セダン、その後にZA1としてM3ツーリング投入とのウワサ

| BMWは「ニッチ」だが競争相手のいないこの市場にて、存在感をますます強めることになるだろう |BMWは他社がEVの販売を落とす中、電気自動車の販売を伸ばしている数少ないメーカーでもあるさて、BMWは少し前に「iM3」なる商標を出願しており、これは「電動版M3ではないか」と騒がれたことがありましたが(BMWはそれを否定している)、今回新たに登場したリークによって(名称はともかく)電動版M3がセダ...
thumbnail image クルマ

「乗って快適、走って楽しい。こんなセダンはなかなかお目に掛かれない」/ホンダ・アコード試乗

 モータースポーツや自動車のテクノロジー分野に精通するジャーナリスト、世良耕太が『ホンダ・アコード』に試乗する。1976年に初代が登場してから、グローバルモデルとして成長してきたアコード。2024年3月に発売された11代目はHondaの最新技術を結集させた最上のセダンに仕上がっている。新型アコードの実力を深掘りしていこう。* * * * * * ホンダは2024年5月16日に四輪電動化を中心とした...
thumbnail image BMW

BMWがフェイスリフト(LCI)版「新型3シリーズ」発表。パワートレーンに加え足回りの変更、外装色の刷新に内装のバージョンアップが図られる

| 最近のBMWは「小刻みに」バージョンなアップを行い、常に製品を最新の状態に保っている |主力の3シリーズであればなおのこと、常に「最も新しい」制御や素材が導入されているようださて、M3セダン/M3ツーリングに続き、BMWが主力の3シリーズ(セダン/ツーリング)のフェイスリフト(LCI)を発表。M3同様に、その変更は大きくなく、スタイリングの刷新、内装のアップグレード、新技術の追加採用がその特徴...
no title 10年ひと昔

【10年ひと昔の新車】アウディ S6/S7は、ハイテク満載の新型V8エンジンを搭載した

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、アウディ S6/S7だ。...
no title 11代目

ホンダ アコード【1分で読める国産車解説/2024年最新版】

ホンダ アコード(HONDA ACCORD)現行モデル発表日:2024年3月7日車両価格:544万9400円...
no title 1分で読める輸入車解説

テスラ モデル 3【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】

テスラ モデル 3(Tesla Model 3)現行モデル発表日:2019年5月31日車両価格帯:531万円3000円〜725万円9000円...