CAR

no title CAR

「新プロジェクトX~挑戦者たち~」に、ついに「EyeSight」が登場!交通事故ゼロの夢に向けた歩みは、ここから始まり、加速し続けている。

NHKの人気ドキュメンタリー番組「新プロジェクトX~挑戦者たち~」においていよいよ、SUBARUブランドの代名詞と言える安全技術「EyeSight(アイサイト)」が採り上げられます。放映は2024年6月22日(土)19時30分から。それを前に開催された技術プレゼンテーション「テ…...
no title CAR

懐かしのランクル“70”に乗ってみたい! ナナマルのレンタカーが愛知県刈谷市に登場

KINTOが提供する旧車コミュニティ「Vintage Club by KINTO(ヴィンテージ クラブ バイ キント)」は2024年6月20日、トヨタ車体が企画・運営をおこなう「ランクルBASE」とコラボし、「ランドクルーザー“70” 4ドア(1995年式)」のレンタルを202…...
no title 19インチ

フォルクスワーゲン新型ゴルフRは、まずは足元からチェックすべし!デビュー直前に新型アルミホイールの魅力を公開

フォルクスワーゲンのプレミアムパフォーマンスブランド「フォルクスワーゲンR」は、2024年6月26日にもっともスポーティなラインナップ「ゴルフR」の新型を発表する。その進化を象徴するハイライトのひとつとして、オプションとして用意された新しい19インチ鍛造ホイール「Warmena…...
no title CAR

アルファロメオのコンパクトSUV「トナーレ」に、自動車業界初のデジタル認証機能を採用。中古市場での信頼性アップに期待

2024年6月20日、Stellantisジャパンは、アルファ ロメオのコンパクトSUV「トナーレ(Tonale)」に、NFT(Non-Fungible Token / ノン-ファンジブル トークン)を使ったデジタル認証機能を導入すると発表。自動車業界として初の試みとなる。...
no title CAR

日産 スカイラインHT 2000GT-X(昭和47/1972年9月発売・KGC110型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト071】

この連載では、昭和30年~55年(1955年〜1980年)までに発売され、名車と呼ばれるクルマたちを詳細に紹介しよう。その第71回目は、「ケンメリ スカイライン」の愛称で大ヒット作となった、日産 スカイラインHT 2000GT-Xの登場だ。(現在販売中のMOOK「昭和の名車・…...
no title CAR

スーパーGTマシンを彷彿とさせるトムスのエアロで、プリウスをよりアグレッシブに仕上げる

トヨタのレーシングチームでカスタムパーツの販売を手掛ける「TOM'S(トムス)」は2024年6月17日、プリウス専用(60系)のエアロパーツである「TOM'S スタイリングパーツセット」を、2024年7月1日より発売することを発表した。...
no title 10年ひと昔

ハイパワー競争に合わせて200psまで動力性能アップ!スタイリングも洗練【GTmemories12 A183Aスタリオン ダイジェスト(2)】

モーターマガジン社が2024年5月30日に発行したムック、GT memories12「A183Aスタリオン」が好評を得ている。ここでは、そのダイジェスト版をお届けしよう。スタリオンは1982年5月に登場し1990年まで生産された日本を代表するハイパフォーマンスカーだ。第2回目は…...
no title 5シリーズ

【特別試乗企画 メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン×BMW 5シリーズツーリング 後編】再注目されるべき走りの安定感。ワゴンの可能性は無限大だ。

実用性を考えたらSUVが魅力的に見えるし、走りを楽しむならセダンを選びたい。けれど、どちらも望むなら・・・改めて注目されるべき存在が、「ワゴン」だろう。後編は、ワゴンならではのドライバビリティについて検証してみよう(MotorMagazine 2024年6月号より再構成)...
no title 2000

日産ローレルHT2000SGX(昭和47/1972年4月発売・KHC130型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト069】

この連載では、昭和30年~55年(1955年〜1980年)までに発売され、名車と呼ばれるクルマたちを詳細に紹介しよう。その第69回目は、ハイオーナーカーでありながら走りも楽しめた、日産ローレルHT2000SGXの登場だ。(現在販売中のMOOK「昭和の名車・完全版Volume.1…...
no title CAR

【動画】竹岡圭の今日もクルマと「三菱 アウトランダー PHEV」(2021年11月放映)

YouTubeチャンネル「モーターマガジンMovie」で配信中の「竹岡圭の今日もクルマと」。このコーナーでは、その中から毎回人気の試乗動画を紹介していきます。今回は、「三菱 アウトランダー PHEV」の登場です。(2021年10月FMC、2022年10月一部改良、2023年一部…...
no title CAR

オーラがさらに増した!? 内外装をリフレッシュして日産「ノート オーラ」がマイナーチェンジ

日産は2024年6月13日、「ノート オーラ」をマイナーチェンジし、90周年記念車の「ノート オーラ90th Anniversary」とあわせて、同日より発売すると発表した。なお、「ノート オーラ NISMO」は7月の発表を予定している。...
no title CAR

メルセデスがEQBの改良モデルを発表。バッテリー容量を拡大したほか、最新デザインを採用しスタイリッシュに変身

メルセデス・ベンツ日本は2024年6月13日、電気自動車のコンパクトSUV「EQB」の改良モデルを発表し、同日より全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて予約注文の受付を開始した。なお納車はEQB 250+が同日より、EQB 350 4MATICについては本年7月…...
no title CAR

新型EV「N-VAN e:」を10月10日から発売。乗用ユースを狙った上級モデルでも300万円を切るお買い得感で「やる気」と「遊び心」を刺激する

ホンダは、新型軽商用EV(電気自動車)「N-VAN e:(エヌバン イー)」を10月10日(木)に発売を開始することを明らかにした。「バン」でありながら、商用はもちろん趣味車としても人気の「N-VAN」をベースに、EVとしてのメリットを最大限生かしているという。...
no title 1600

トヨタ カローラ・レビン/スプリンター・トレノ1600(昭和47/1972年3月発売・TE27型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト068】

この連載では、昭和30年~55年(1955年〜1980年)までに発売され、名車と呼ばれるクルマたちを詳細に紹介しよう。その第68回目は、27レビン/トレノの愛称で当時の走り屋に絶大な人気を誇った、トヨタ カローラ・レビン/スプリンター・トレノ1600の登場だ。(現在販売中のMO…...
no title 10年ひと昔

XXから70、80スープラもレンタル!旧車コミュニティ「Vintage Club by KINTO」のキャラバンを長野、静岡、徳島で開催

KINTO2024年6月5日は、旧車コミュニティ「Vintage Club by KINTO」で、一昨年より各地で好評の「旧車キャラバン」を長野・静岡で開催、さらに四国初となる徳島でも開催すると発表した。...
no title CAR

日産「デイズ」/「ルークス」に美味しそうな新色「バブルガムピンク」を設定。期間限定、ご賞味あれ!

2024年6月10日、日産は軽ハイトワゴン「デイズ」と「ルークス」にボディカラーに新色「バブルガムピンク」を設定したと発表。2025年春頃までの限定での販売で、2トーン仕様で選択ができる。...
no title CAR

ハイラックスの未来を拓く「水素燃料電池プロトタイプ」が、欧州で実証段階に突入!パリ五輪2024でも活躍しそうだ

トヨタ・モーター・ヨーロッパは2024年6月7日、水素燃料電池で走るハイラックスのプロジェクトが実証段階に突入したことを明らかにしました。排出ガスを一切出さない10台のプロトタイプ車を製造、欧州市場におけるゼロカーボン戦略の要として新たなマイルストーンを目指すことになります。...
no title 240Z

日産フェアレディ240ZG(昭和46/1971年11月発売・HS30型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト067】

この連載では、昭和30年~55年(1955年〜1980年)までに発売され、名車と呼ばれるクルマたちを詳細に紹介しよう。その第67回目は、全米で大ヒットした日産フェアレディ240ZGの登場だ。(現在販売中のMOOK「昭和の名車・完全版Volume.1」より)...
no title 10年ひと昔

三菱初のスペシャリティカー「スタリオン」。当初145psから、ハイパワーウォーズの中で175psにバージョンアップ。【GTmemories 12 A183Aスタリオン ダイジェスト】

モーターマガジン社が2024年5月30日に発行したムック、GT memories12「A183Aスタリオン」が好評を得ている。ここでは、そのダイジェスト版をお届けしよう。スタリオンは1982年5月に登場し1990年まで生産された日本を代表するハイパフォーマンスカーだ。連載第1回…...
no title B3

ついに500馬力オーバーの高みへ!BMWアルピナに強心臓モデル「B3 GT」/「B4 GT」が登場

2024年6月5日、ニコル・レーシング・ジャパンは、BMW アルピナのメインを担う「B3」/「B4 」の進化形「B3 GT」/「B4 GT」を発表。搭載の直6DOHC3Lツインターボの最高出力を従来比34psアップの529psとした、エボリューションモデルの誕生だ。...
no title 3ドア

【ついに実車を見た】新型MINIクーパーのガソリンモデルは素直にカッコいい! と思える仕上がりだった

MINIエースマンが発表された東京・渋谷の「Shibuya Sakura Stage(渋谷サクラステージ)」の会場では、2024年3月に発表された新型MINIクーパーのガソリンモデル「S」がひっそりと展示されていました。...
no title CAR

ホンダ アコード e:HEVは全方位で進化。セダンゆえに実感できる個性とはなにか

ホンダはレジェンド無き今、フラッグシップモデルの役割を新型アコードに託すことになった。一般道路と高速道路でその実力を試す機会を得たのだが、その乗り味の進化に加えてGoogle搭載のインフォテインメントや最新の運転支援技術など全方位での進化を感じられた。(MotorMagazin…...
no title Aceman

【491万円~のお値打ちぶりを徹底チェック!】MINIエースマンは、毎日使いやすい「ジャストサイズ」の5ドア電動SUVだった

2024年6月6日、東京・渋谷の「Shibuya Sakura Stage(渋谷サクラステージ)」で発表されたMINIの新型モデル「エースマン」は、まったく新しい5ドアの電気自動車です。ここでは、どんなモデルなのかを解説していきます。全長4mのコンパクトなサイズが魅力の電気自…...
no title CAR

SUBARU STIが ニュルブルクリンク24時間レースでSP4Tクラス初優勝

スバルテクニカインターナショナル(STI)が、現地5月30日から6月2日にかけてドイツ・ラインラント=プファルツ州アイフェル地方のニュルブルクリンクサーキットで開催された第52回ニュルブルクリンク24時間レースに参戦。「WRX S4」をベースとする「SUBARU WRX NBR…...
no title CAR

史上最強664馬力! 電動化&全輪駆動で歴代最速を実現するシボレー「コルベット E-Ray」を発表

ゼネラルモーターズ・ジャパン(略称:GMジャパン)は、「シボレー コルベット」史上初の電動化&全輪駆動モデル「シボレー コルベット E-Ray(イーレイ)」を2024年6月1日に発表した。また、予約注文受付を全国のシボレー正規ディーラーネットワークで2024年6月7日(金)から…...
no title 12Aロータリーエンジン

マツダ カペラ ロータリークーペGS(昭和46/1971年10月発売・S122型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト066】

この連載では、昭和30年~55年(1955年〜1980年)までに発売され、名車と呼ばれるクルマたちを詳細に紹介しよう。その第66回目は、スポーティなルックスでロータリーパワーをアピールした、マツダ カペラ ロータリークーペGSの登場だ。(現在販売中のMOOK「昭和の名車・完全版…...
no title CAR

1993年、グループAラストシーズン。インターTECはBP・トランピオが制する!【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(9)】

ツーリングカーレースが日本で一番熱かった9年間を1冊にまとめた「グループAレースクロニクル1985-1993JTC9年間の軌跡(モーターマガジン社/2970円)」が好評発売中だ。ここでは、そこからの抜粋をお届けする。...
no title 4xe

「Jeep」初のBEV、「ワゴニアS」が2024年秋にデビュー。最高出力600hpで満充電時航続距離が約480km

ステランティスは、同社の「Jeep」ブランド初となるグローバルBEV(電気自動車)「ワゴニアS」を、2024年秋より米国とカナダでローンチすると発表。その後、順次ワールドワイドの展開を開始する。エアロダイナミックなフォルムとタフさを兼ね備えた、新次元のジープの登場は、多くのファ…...
no title CAR

ヒョンデのモバイルサービスBEV「ヒョンデQちゃん」2号機が稼働開始。使える機能の充実で、活躍の場がさらに広がる

ヒョンデ モビリティ ジャパン(Hyundai Mobility Japan)は、「モバイルサービスカー(通称:ヒョンデQ ちゃん)2 号機」の稼働を 2024 年 5 月 30 日よりスタートした。BEV(電気自動車)ヒョンデIONIQ 5(アイオニック5)ベースの車両で、ヒ…...
no title 2シーター

スズキ フロンテクーペGX(昭和46/1971年9月発売・LC10W型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト065】

この連載では、昭和30年~55年(1955年〜1980年)までに発売され、名車と呼ばれるクルマたちを詳細に紹介しよう。その第65回目は、軽自動車初の高性能2シータースポーツクーペとして話題を呼んだ、スズキ フロンテクーペGXの登場だ。(現在販売中のMOOK「昭和の名車・完全版V…...
no title CAR

『Motor Magazine』2024年7月号は、価格帯別のベスト輸入車を大発表! いま買えて乗れるMT車の魅力もクローズアップ!

『Motor Magazine』7月号は2024年5月31日(金)に全国の書店およびオンライン書店で発売です。今回はその一部をお見します!...
no title CAR

1992年、GT-R時代続く。第6戦までJECS、カルソニック、共石が2勝ずつという激戦!【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(9)】

ツーリングカーレースが日本で一番熱かった9年間を1冊にまとめた「グループAレースクロニクル1985-1993JTC9年間の軌跡(モーターマガジン社/2970円)」が好評発売中だ。ここでは、そこからの抜粋をお届けする。...
no title CAR

【トヨタ クラウン スポーツRSでツーリング三昧】全シーンで歴代最高!まさに新たな領域に踏み出した開拓者だ

新生クラウンシリーズで、とくにスポーツ性能を高めたモデルが“スポーツ”である。今回はその中でもっとも走行性能を高めたPHEVの“RS”の実力を一般道、高速道路、ワインディングで検証してみた。(MotorMagazine 2024年6月号より)...
no title CAR

三菱 ミニカ スキッパーGT(昭和46/1971年5月発売・A101型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト064】

この連載では、昭和30年~55年(1955年〜1980年)までに発売され、名車と呼ばれるクルマたちを詳細に紹介しよう。その第64回目は、三菱 ギャランGTOのミニチュア版として人気を博した、ミニカ スキッパーGTの登場だ。(現在販売中のMOOK「昭和の名車・完全版Volume.…...
no title BEV

EV&SDGsフェア2024inグランフロント大阪 うめきた広場が無事閉幕。2日間にわたり多くの人がEVと暮らす未来を見た。

2024年もグランフロント大阪 うめきた広場で「EV&SDGsフェア」が開催された。今回は土日の2days開催、さらに試乗会も実施するなど、時勢に合わせてパワーアップを続けている。国内外の最新電気自動車が一堂に集結した、モーターマガジン社主催のイベント。ここではそのレポートを詳…...
no title 10スピーカー

いい音を楽しみたい! パイオニア製サウンドシステムが、トヨタ 新型車ランドクルーザー250シリーズの「10 スピーカーサウンドシステム」に採用

パイオニアは2024年5月27日、同社のサウンドシステムが、トヨタ自動車の新型ランドクルーザー“250”シリーズの「10スピーカーサウンドシステム」に採用されたことを発表した。...
no title 6か月無料

メルセデス・ベンツ日本が「認定中古車プログラム」のサービスをグレードUP。走行距離無制限で保証期間を2年とし、BEV充電サービスを6か月間無料に

2024年5月27日、メルセデス・ベンツ日本は「認定中古車プログラム」を拡充すると発表。6月1日より、新車登録から 10年未満の車両を対象に走行距離無制限での保証を2年するとともに、BEV(電気自動車)向け充電サービス「Mercedes me Charge」が 6 か月無料とな…...
no title 2シーター

BMWのニューコンセプトモデル「スカイトップ」がワールドプレミア。「503」、「Z8」由来のオープン2シーター

BMWニューコンセプトモデル「スカイトップ(Skytop)」が、イタリア・コモ湖畔で開催のクラシックカーの祭典「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2024」(2024年5月24日〜26日)で世界初公開された。往年の名オープン2シーター「503」と「Z8」をリスペクトした1…...
no title CAR

やっぱり最強最速なのか!? フォルクスワーゲンが新ゴルフGTIクラブスポーツをニュル24時間レースで世界初公開

フォルクスワーゲンは2024年6月1日にスタートするADAC24時間レース(通称:ニュルブルクリンク24時間レース)で、新しいゴルフGTIクラブスポーツを発表する。...
no title 1600GT

トヨタ カリーナ 2ドアセダン 1600GT(昭和46/1971年4月発売・TA12型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト063】

この連載では、昭和30年~55年(1955年〜1980年)までに発売され、名車と呼ばれるクルマたちを詳細に紹介しよう。その第63回目は、トヨタ ツインカム軍団の一翼を担った、カリーナ 2ドアセダン 1600GTの登場だ。(現在販売中のMOOK「昭和の名車・完全版Volume.1…...
no title 308

ヒストリック・フェラーリで学び、楽しむ!特別なドライビングプログラム「コルソ・ピロタ・クラシケ」ってどんな体験?

クラシックフェラーリの魅力を再発見!4台の歴史的フェラーリをサーキットでドライブ。そのポテンシャルを引き出し、マニュアルトランスミッションのスリルを再発見しようという「コルソ・ピロタ・クラシケ・フィオラーノ」を体験した。(MotorMagazine2024年6月号より再構成)...
no title CAR

スズキの個性派軽SUV「ハスラー」に、タフなデザインに仕上げた「ハスラー タフワイルド」を新設定。快適装備充実の仕様変更が嬉しい!

スズキは2024年5月24日、軽乗用車「ハスラー」を一部仕様変更するとともに、新たに「ハスラー タフワイルド」を設定し、同日より発売することを発表した。...
no title CAR

安全と安心を支えてくれる自動車のボディの専門家集団が、損害保険会社に交渉を申し入れ。最良のサービスを提供するための適正な価格転嫁を目指す

日本自動車車体整備協同組合連合会(会長 小倉龍一)は2024年5月23日(木)、記者会見を開催、5月21日(火)付けで損害保険大手4社に対して「指数対応単価」見直しをともなう団体協約締結を求めた交渉を申し入れたことを明らかにしました。...
no title CAR

ポルシェジャパンが若者の夢に投資する 「Porsche.Dream Together」プロジェクト

ポルシェジャパンは、東京大学先端科学技術研究センター個別最適な学び寄付研究部門とともに、中高生を対象とした夏休みの期間を利用する5日間のスカラーシッププログラム「LEARN with Porsche 2024」(サマープログラムとものづくりプログラム)を開催、現在、全国の学生を…...
no title CAR

ポップアップエキジビション「LBX LOUNGE」を期間限定でオープン!次世代LEXUSの「Premium Casualな世界」が全開だ

トヨタモビリティ東京は、2023年11月に発売した「LEXUS LBX」のコンセプトを目の当たりにできるポップアップエキジビジョン「LBX LOUNGE」を、「LEXUS若林」店(東京・世田谷)にオープン。2024年5月23(木)よりの期間限定となる。...
no title CAR

三菱 ギャランGTO MR(昭和45/1970年12月発売・A53C型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト062】

この連載では、昭和30年~55年(1955年〜1980年)までに発売され、名車と呼ばれるクルマたちを詳細に紹介しよう。その第62回目は、三菱初のDOHCエンジン当社車 ギャランGTO MRの登場だ。(現在販売中のMOOK「昭和の名車・完全版Volume.1」より)...
no title CAR

【MM Another Story:コルソ・ピロタ・クラシケの「別腹」】フェラーリ 365GTB4デイトナがご褒美!?フィオラノで満喫する特別なドライビングプログラム

クラシックフェラーリの魅力を再発見!4台の歴史的フェラーリをフィオラノ・サーキットでドライブ!!という夢のようなプログラムを体験してきたのは、自動車評論家の西川 淳氏。「コルソ・ピロタ・クラシケ」のメインイベントは、あのV12マシンだった。(MotorMagazine2024年…...
no title CAR

第4世代の新型コンチネンタルGTを6月公開予定。ウルトラパフォーマンスハイブリッドを搭載して782馬力を発生。

ベントレーは2024年5月20日、ベントレーの新しいウルトラ パフォーマンス ハイブリッド パワートレインを搭載した最初のモデルとして、第4世代となる新型コンチネンタルGTを2024年6月に公開する予定であることを発表した。...
no title CAR

1991年、インターTECはカルソニックの2連勝もチャンピオンタイトルはリーボックの手中に!【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(8)】

ツーリングカーレースが日本で一番熱かった9年間を1冊にまとめた「グループAレースクロニクル1985-1993JTC9年間の軌跡(モーターマガジン社/2970円)」が好評発売中だ。ここでは、そこからの抜粋をお届けする。...
no title AVIC

車内Wi-Fi環境やApple CarPlayなど「つながる力」がグレードアップ!カロッツェリアから楽ナビ&ディスプレイオーディオ、車載Wi-Fiルーターの新作が登場

パイオニアが2024年夏シーズンの新商品を発表、2024年5月16日から発売がスタートした。カロッツェリアブランドの楽ナビ、ディスプレイオーディオ、車載用Wi-Fiルーターに加え、人気モデルに対応したトゥイーター取付けキットなど、エンターテインメントの楽しみ方に合わせたデバイス…...
no title CAR

【MM Another Story:アルファロメオ ジュリアの「別腹」】生粋のスポーツサルーンにとって「クアドリフォリオ」とはどれほど特別なのか?

2024年5月1日から発売中の「MotorMagazine6月号」第一特集は「夏が来る前に、スポーツカーに乗らないか」。パート3では、アルファロメオ ジュリアとレクサス IS、それぞれの最上級&最高性能モデルを比較試乗しています。中でも気になるのが、「クアドリフォリオ」の格別ぶ…...
no title 1600GT

トヨタ セリカ1600GT(昭和45/1970年12月発売・TA22型) 【昭和の名車・完全版ダイジェスト061】

この連載では、昭和30年~55年(1955年〜1980年)までに発売され、名車と呼ばれるクルマたちを詳細に紹介しよう。その第61回目は、スペシャリティカーの魅力を日本に知らしめたトヨタ セリカ1600GTの登場だ。(現在販売中のMOOK「昭和の名車・完全版Volume.1」より)...
no title 0シリーズ

Honda的「かつてない感動体験」って、どんな体験? 「2024 ビジネスアップデート説明会」を通して、EVだけじゃない未来が見えてきた

ホンダは2024年5月16日、報道陣向けに「2024 ビジネスアップデート説明会」を開催しました。電動化に向けた取り組みの今後の方向性とともに、財務に関する戦略も紹介。改めて、EVを柱としながら歩んでいく決意表明となります。同時にそこには次世代の「ホンダらしさ」を生む、革新の行…...
no title CAR

1990年、BNR32スカイラインGT-Rの快進撃が始まる【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(7)】

ツーリングカーレースが日本で一番熱かった9年間を1冊にまとめた「グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(モーターマガジン社/2970円)」が好評発売中だ。ここでは、そこからの抜粋をお届けする。...
no title CAR

日産エクストレイルが安全性強化など仕様向上。あわせて特別感を演出した90周年記念車を発売

日産は2024年5月16日、「エクストレイル」を仕様向上し、90周年記念車「90th Anniversary」とあわせて、2024年6月20日より発売すると発表した。...
no title BMW

【MM Another Story:BMW M2の「別腹」】Mシリーズ専用ユニット「S58B30A」の魅力は、6速MTとの相性が最高!なだけではないらしい

2024年5月1日から発売中の「MotorMagazine6月号」第一特集は「夏が来る前に、スポーツカーに乗らないか」。パート2では、大排気量MTスポーツの面白さと題して、BMW M2クーペとGR スープラRZの「MTで楽しむストレート6」対決を紹介しています。際立つのはやっぱ…...
no title CAR

ベントレーがシステム最高出力750ps超の新パワートレーンV8「ウルトラ パフォーマンス ハイブリッド」を開発!W12エンジンの後継として導入

2024年5月15日(英・現地時間)、ベントレーは同社を代表するW12エンジンの生産中止をうけ、新たなフラッグシップ パワートレーンV8「ウルトラ パフォーマンス ハイブリッド」」をその後継として導入すると発表。先進のハイブリッドテクノロジーが詰め込まれたパワートレーンで、20…...
no title 5速MT

ホンダZ(昭和45/1970年10月発売・SA型) 【昭和の名車・完全版ダイジェスト060】

この連載では、昭和30年~55年(1955年〜1980年)までに発売され、名車と呼ばれるクルマたちを詳細に紹介しよう。その第60回目は、軽スペシャリティのジャンルを築いたホンダZの登場だ。(現在販売中のMOOK「昭和の名車・完全版Volume.1」より)...
no title A110

【MM Another Story:アルピーヌ A110R TURINIの「別腹」】極限まで磨かれた軽量化に「気軽さ」をプラス。日常と非日常のちょうどいい匙加減が見えた

2024年5月1日から発売中の「MotorMagazine6月号」第一特集は「夏が来る前に、スポーツカーに乗らないか」。パート1では、ライトウェイトスポーツカー編と題して、アルピーヌA110R チュリニとマツダ ロードスター RF VSの比較試乗を紹介しています。ここでは本編に…...
no title CAR

【写真で知る新型フリード】自然体の機能美に、ほどよい上質感をプラス。純正オプションから狙うフリード エアーは普段着を越えた「普段美」を狙う

6月の正式発表・発売を前に、その世界観とラインナップが明らかにされたホンダ 新型フリード。今回は、ステップワゴンに続いて設定されたAIR(エアー)向けに用意されたコーディネイトアイテム&便利な機能パーツを紹介しましょう。...