業績

thumbnail image テスラ

テスラが第2四半期の業績を「前四半期に続く前年割れ」と発表するも株価が急騰しこの6ヶ月での最高値に。その理由、そして近年の株式市場の変化についてボクはこう考える

| もはや株式市場は「業績」ではなく「根拠のない期待」「希望的観測」によって動いている |おそらくは投資家層の変化、そして投資手法の多様化、さらには投資のコモディティ化によるものであろうテスラが2024年第2四半期の納入台数を「443,956台であった」と発表し、これは前年比で4.8%減という数字であり、第1四半期に続いて”前年割れ”を記録することに。ただ、テスラの低調な販売を尻目に、その株価はな...