第8戦オランダGP

thumbnail image 2024 MotoGP

ドゥカティの隆盛とバニャイアの無欠。その背景/MotoGP第8戦オランダGP

 オランダGP“もまた”、という表現が適切だろう。決勝レースはドゥカティライダーが表彰台を独占した。ポディウムに立ったのは、優勝したフランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)、2位のホルヘ・マルティン(プリマ・プラマック・レーシング)、3位のエネア・バスティアニーニ(ドゥカティ・レノボ・チーム)だ。 決勝レースでドゥカティが表彰台を占めるのは、第4戦スペインGPから数えて5戦目である。...