アルピーヌA424

thumbnail image 2024 WEC

「モータースポーツは残酷だ」アルピーヌA424の初ル・マンは2台ともにエンジントラブルでリタイア

 6月15日にスタートしたWEC世界耐久選手権第4戦ル・マン24時間レース。ハイパーカークラスにエントリーする2台のアルピーヌA424は、レース前半にしてエンジントラブルでリタイアを喫することとなった。アルピーヌ陣営はこれを「残酷」であると形容している。 序盤には戦えるレースペースを示したのち、13番手を走行していた35号車は、5時間目のフェルディナンド・ハプスブルクのドライブ中にエンジンが故障。...
no title 2024 WEC

ル・マンで復帰するアルピーヌのハプスブルク、「キャリア最悪のクラッシュ」を振り返る

 フェルディナント・ハプスブルクは、テスト中のクラッシュで背中を負傷し、約2カ月間レースに出場できなかった後、ル・マン24時間レースでアルピーヌからレースに復帰するために「かなり努力した」という。 このオーストリア人ドライバーはポール・ループ・シャタンとシャルル・ミレシとチームを組み、6月15〜16日に行われるWEC世界耐久選手権第3戦で、35号車アルピーヌA424のコックピットに戻る。 これは、...