シロン

thumbnail image #ブガッティ

ブガッティが新型ハイパーカーのティーザー動画を2本公開。1本はホイール、もう1本はボディサイド。いずれもブガッティらしさ満載、外観はシロンと大きく変わらない?

| 一方、その「内面」は完全新設計となり、比類なきパフォーマンスを発揮するであろう |新型ブガッティは6月20日の発表のその瞬間から「歴史を作る」こととなるに違いないさて、ブガッティの新型ハイパーカーの発表まで「あとわずか」に迫っていますが、ここでブガッティは立て続けに2本のティーザーを公開。1本はホイール、そしてもう1本はボディサイドを捉えたもので、これらを見るとブガッティとしての伝統と要素を高...
thumbnail image #ブガッティ

ブガッティ「新型ハイパーカー」最新ティーザー動画が公開、車体後部中央には光る「BUGATTI」文字。ブガッティ各モデルのリアはこうなっている【動画】

Image:BUGATTI| ブガッティ各モデルは「新しくなるにつれ」その歴史へのオマージュ度合いが強くなっているようだ |シロン後継ハイパーカーはこれまで以上にスタイリッシュで先進的、しかしタイムレスな存在になるのかもさて、ブガッティは「シロンの最後の一台」を納車し、その後継モデル発表にフォーカスしている段階ですが、先日はその発表が「6月20日に行われる」というアナウンスがなされています。そして...
thumbnail image #ブガッティ

ブガッティがシロン後継ハイパーカーの公式ティーザー動画を公開。「速さ」とは無関係な装飾が用いられており優雅さ重視の余裕も。なお発表は6月20日

| ブガッティの新型ハイパーカーはそのパフォーマンスだけではなく、芸術性においても比類なき存在となるだろう |新興ハイパーカーが多数登場する中、ブガッティ最大の強みは「歴史に裏付けられた芸術性」でもあるさて、先日より様々なリークや情報公開が見られるブガッティの新型ハイパーカー。これは2016年に登場し、先日「最後の一台を作り終えた」と発表されたシロンの後継モデルというポジションを持つクルマですが、...
thumbnail image #ブガッティ

ブガッティが「最後の(500台目の)シロン」を作り終えたと発表。登場から8年の間に培われた技術、そして記念碑を内外装に再現し「ルルティム」と命名される【動画】

| ただしブガッティはこれからボリード、W16ミストラルの生産を行うことに |一方、6月にはシロン後継ハイパーカーの発表が控えているさて、ブガッティがついに「500台目」、つまり最後のシロンを作り終えたと発表。この「500台」というのは8年前に発表された際に計画されていた台数であり、ついにブガッティはその予定台数を作り終えたということになりますが、最後のシロン(スーパースポーツ)は「2018年には...
thumbnail image #ブガッティ

またまた自身のブガッティで公道最速チャレンジを行い413km/hを記録した男が登場。「貧しい移民だった自分にとって、これは速く走るということ以上の意味があります」【動画】

| 今や成功を収め、ハイパーカーを所有し「公道で時速400キロを突破した人間」の数少ない一人に |それにしても実際に一般人が400km/hで走れるブガッティは恐ろしいクルマであるさて、2022年には自身のブガッティ・シロンを用いてドイツのアウトバーンを時速417kmで走行したチェコの富豪が話題となりましたが、今回はドイツ在住の億万長者にしてユーチューバー、オミッド・ムアッゼン氏が時速413kmとい...
thumbnail image #ブガッティ

ブガッティは2035年以降も内燃機関搭載車を製造する意向。「この価格帯のクルマを購入する人は、いかなる犠牲も払うでしょう。自宅に合成燃料ステーションを建設したとしても」

Bugatti| たしかにブガッティを購入する人々がお金のことを気にするとは考えられず、であればブガッティは法規よりも顧客を重視すべきなのかも |それに加え、ガソリンエンジン搭載車の販売を禁止する法規が「緩和」される可能性も考えられるさて、現在のブガッティはリマックと併合され「ブガッティ・リマック」として運営がなされていますが(以前のブガッティ・オトモビルも存続しており、棲み分けがよくわからない)...
thumbnail image #ブガッティ

ブガッティがタイプ55へのオマージュ「シロン スーパースポーツ55 1 of 1」を中東へ納車。細部に至るまでジャン・ブガッティへの敬意が散りばめられる【動画】

| このシロン スーパースポーツ55 1 of 1には、これまでに作られたシロンのスペシャルモデルで培った技術がすべて注入されている |見れば見るほど綿密に計算されていることがよく分かるさて、ブガッティはシロンシリーズの受注をすべて完了し、現在はその受注分を生産している最中ではありますが、基本的にすべてのブガッティは「オーダーメイド」であり、それぞれの車両にはオーナー思い思いのカスタムが施されてい...
thumbnail image #ブガッティ

近代ブガッティ各モデルの最高速はどれくらい?時速489kmから300kmまで、シロン、ディーヴォ、チェントディエチ、EB110など16モデルを順番に並べてみた

| シロン世代のブガッティであってもけっこう最高速には違いがある |ここ数年のブガッティはモデルごとに明確に性格を分け、コレクションに値するラインアップを作り上げている近代のブガッティは比類なきパワー、そしてそれによってもたらされる最高速がひとつの特徴となっており、しかし同じブガッティといえども微妙にその最高速が異なります。その理由としては「キャクターの相違」によるもので、ブガッティはシロン世代と...