ピエール・ガスリー

thumbnail image 2024年F1ニュース

ガスリー、ドライタイヤへの交換は1周早かったと認めるも「カートに乗っていたような気分で楽しかった」/F1カナダGP

 アルピーヌF1のピエール・ガスリーは、F1第9戦カナダGPの決勝レースでいち早くドライタイヤに交換したことについて1周早かったと認めたものの、カートに乗っていたような気分で楽しかったと振り返った。 ガスリーは、カナダGPでスリックタイヤを履く最初のドライバーになるというギャンブルに出た。あやうく早々にリタイアを喫するところだったが、ガスリーの賭けは見事に報われ、最終スティントで非常によいペースを...
thumbnail image 2024年F1ニュース

モナコに続きカナダでもアルピーヌ上層部を激怒させたオコン。チームはシーズン中の解雇の可能性も検討か

 エステバン・オコンは、F1モナコGPの1周目に、チームの事前の指示を無視し、チームメイトのピエール・ガスリーに衝突するというインシデントを起こし、代表ブルーノ・ファミンを激怒させたが、そのわずか2週間後のカナダGPでも、チームに逆らった。決勝終盤に、ダニエル・リカルド(RB)にアタックするためにガスリーを前に出すようにとのチームの指示に抵抗し続け、その結果、ガスリーはリカルドを追うチャンスを失っ...
thumbnail image 2024年F1ニュース

2024年F1第9戦カナダGP決勝トップ10ドライバーコメント(1)

 2024年F1第9戦カナダGPの決勝レースで6位~10位に入賞したドライバーたちが日曜日を振り返った。6位~10位のドライバーはフェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)、ランス・ストロール(アストンマーティン)、ダニエル・リカルド(RB)、ピエール・ガスリー(アルピーヌ)、エステバン・オコン(アルピーヌ)だ。■エステバン・オコン(BWTアルピーヌF1チーム)決勝=10位(70周/70周)18...
thumbnail image 2024年F1ニュース

チームオーダーに憤るオコン「意味なくガスリーに譲った。僕はナイスガイすぎる」アルピーヌは「従うのが遅くて作戦失敗」

 2024年F1カナダGP決勝で、アルピーヌのピエール・ガスリーは15番グリッドから9位、エステバン・オコンは18番グリッドから10位に入り、今季初のダブル入賞を達成した。 終盤までオコンが先行していたが、ダニエル・リカルド(RB)の後ろに落ちた後、チームはガスリーをリカルドと戦わせるためとして、オコンに対し、ガスリーを先行させるよう指示した。オコンは「そんなことは忘れてくれ!」と怒りを示し、抵抗...
thumbnail image 2024年F1ニュース

【F1第9戦決勝の要点】オコンに「ガスリーに抜かせろ」の指示。アルピーヌ今季初ダブル入賞の裏で波乱

 降雨が予想された2024年F1第9戦カナダGPの決勝レースを前に、フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)は「ピットインのタイミング、タイヤ選択、それですべてが決まる可能性がある。あらゆる事態に備えないとね」と語っていた。 その予言どおりのレースを戦い、予想外の好結果を収めたのがアルピーヌだった。ピエール・ガスリーが15番グリッドから9位、エステバン・オコンが18番グリッドから10位に入り、...
thumbnail image 2024年F1ニュース

クラッシュ前からオコン放出を決めていたアルピーヌF1。ガスリーには契約延長を望む

 アルピーヌF1チームが、エステバン・オコンの2024年シーズン末での離脱を発表したタイミングから、オコンがF1モナコGPでチームメイトに接触したことで、チームが彼との契約を延長しないことを決めたのだという見方が広くなされた。しかし、実際にはアルピーヌは、すでにオコンの放出を決定しており、モナコのインシデントによって、発表を早めたにすぎないようだ。2024年F1第8戦F1モナコGP ピエール・ガス...
thumbnail image 2024年F1ニュース

オコンがカナダGP欠場のうわさを否定。ガスリーとのインシデントに対するオンライン上の中傷を批判

 アルピーヌF1チームのエステバン・オコンは、モナコGPでチームメイトのピエール・ガスリーと接触した後、オンライン上で中傷を受けたとして、弁明を行うとともに、次戦カナダGPの欠場を強いられるのではないかといううわさを否定した。 モナコGP決勝1周目にオコンはガスリーを追い越そうとして接触、そのダメージでリタイアした。アルピーヌのチーム代表ブルーノ・ファミンはオコンに激怒し、次戦に出場させない罰を検...
thumbnail image 2024年F1ニュース

同士討ちのオコンに激怒するアルピーヌF1代表、制裁として次戦カナダの欠場処分を検討か

 F1モナコGPの1周目にチームメイトのピエール・ガスリーをオーバーテイクしようとして衝突したエステバン・オコンに、アルピーヌのチーム代表は激怒しており、罰としてオコンを1戦外すことを検討しているといわれる。 決勝1周目のポルティエで、オコンは前を走るガスリーのインに飛び込み、接触した。オコンのマシンは空中に舞い上がり、大きな損傷を負い、リタイアとなった。レースは他の多重クラッシュにより赤旗となり...
thumbnail image 2024年F1ニュース

2024年F1第8戦モナコGP決勝トップ10ドライバーコメント(1)

 2024年F1第8戦モナコGPの決勝レースで6位~10位に入賞したドライバーたちが日曜日を振り返った。6位~10位のドライバーはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、角田裕毅(RB)、アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)、ピエール・ガスリー(アルピーヌ)だ。■ピエール・ガスリー(BWTアルピーヌF1チーム)決勝=10位(77周/78周)10番グリッド/タ...
thumbnail image 2024年F1ニュース

ガスリー、今季初入賞もオコンの接触に失望「チームの指示に背く行為」アルピーヌ代表も激怒/F1モナコGP

 2024年F1モナコGP決勝で、アルピーヌのピエール・ガスリーは10位を獲得した。ガスリーは、予選で今季初めてQ3に進出した後、シーズン初入賞を飾った。 レース1周目、ポルティエコーナーで、ガスリーをチームメイトのエステバン・オコンがオーバーテイクしようとして、接触、オコンのマシンは宙に舞い、その際のダメージでリタイアした。幸いガスリーはパンクのみでマシンに問題がなく、他の多重クラッシュによる赤...
thumbnail image 2024年F1ニュース

2024年F1第8戦モナコGP予選トップ10ドライバーコメント(1)

 2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGPの予選が行われ、6〜10番手のドライバーが土曜日を振り返った。6〜10番手のドライバーはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、角田裕毅(RB)、アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)、ピエール・ガスリー(アルピーヌ)だ。■ピエール・ガスリー(BWTアルピーヌF1チーム)予選 10番手2024年F1第8戦モナコGP...
thumbnail image 2024年F1ニュース

【F1第8戦予選の要点】アロンソとペレスの失速。モナコを得意とするガスリーの大健闘と入賞の可能性

 1周わずか70秒あまりのモナコ・モンテカルロ市街地コース。そして2024年シーズンは全20台のマシン性能差が、去年までとは比較にならないほど接近している。予選直前に行われたフリー走行3回目(FP3)では、セッショントップのシャルル・ルクレール(フェラーリ)から15番手のランス・ストロール(アストンマーティン)までの15台が1秒以内にひしめいた。それゆえに予選は波乱の展開が予想され、実際に十分過ぎ...
thumbnail image 2024年F1ニュース

ガスリー「予選よりもクルマの競争力がないと感じた。どこに改善の余地があるか見直しが必要」:アルピーヌ F1第7戦決勝

 2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースが行われ、アルピーヌのエステバン・オコンは14位、ピエール・ガスリーは16位でレースを終えた。■エステバン・オコン(BWTアルピーヌF1チーム)決勝=14位(62周/63周)12番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP エステバン・オコン(アルピーヌ) 難しいレースだったし、終わってみれば全体にトリ...
no title 2024年F1ニュース

ガスリー、セナのカラーを用いた特別デザインのイエローのヘルメットを使用へ/F1エミリア・ロマーニャGP

 アルピーヌのピエール・ガスリーは、今週末にイモラで開催されるF1第7戦エミリア・ロマーニャGPにおいて、アイルトン・セナに敬意を表した特別なカラーリングのヘルメットを使用する。 セナとローランド・ラッツェンバーガーの悲劇的な死から30年を迎え、今週末のエミリア・ロマーニャGPでは、主催者が祝賀と追悼の両方の取り組みを実施する。ガスリーはF1の伝説的なドライバーの色を自身のデザインに融合させたヘル...