スーパーフォーミュラ

no title 2024 スーパーフォーミュラ

Juju、初挑戦となるSUGOへ。事前のシミュレーターやF3での練習で担当エンジニアも手応え

 6月22〜23日に宮城県のスポーツランドSUGOで行われる全日本スーパーフォーミュラ選手権。今季、日本人女性初&史上最年少で参戦を開始したJujuは、国内トップフォーミュラ3レース目を迎える。BOSS GP参戦のためヨーロッパに滞在する時間も多く、多忙な日々を過ごしているようだが、その中でも今回のSUGOに向けては事前準備をしっかりとできている様子だ。 前回のオートポリスでは燃料系トラブルが発生...
no title 2024 スーパーフォーミュラ

平良響「最初は悪い予感しかしなかった」。SFデビューへの濃密な3週間と、原動力としてある“悔しさ”

 スポーツランドSUGOで今週末(6月22〜23日)行われる全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦。ITOCHU ENEX TEAM IMPULの19号車からデビューを果たす平良響が、走行前日に心境を語った。 今季の19号車はテオ・プルシェールがレギュラー参戦予定だったが、第2戦を前に突如離脱することとなり、前戦オートポリスではベン・バーニコートが代役を務めた。いきなりの参戦ながらファステストラッ...
no title 2024 スーパーフォーミュラ

平良響がスーパーフォーミュラデビューへ。ITOCHU ENEX TEAM IMPULが第3戦への起用を発表

 6月14日、全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦するITOCHU ENEX TEAM IMPULは、6月22〜23日に宮城県のスポーツランドSUGOで開催される第3戦において、平良響を起用すると発表した。第4戦以降は未定となっている。 2024年のスーパーフォーミュラにおいて、国本雄資とテオ・プルシェールを起用していたITOCHU ENEX TEAM IMPUL。しかし、プルシェールはインディ...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

「もう勝てないと思ってた」苦しみ続け、ついにSF初優勝を成し遂げた牧野任祐。第3戦SUGOこそ正念場

「もうオレ、勝てないと思ってた、SF(スーパーフォーミュラ)。アレックス(・パロウ)が勝って、(⼤湯)都史樹が勝って、(福住)仁嶺も勝って、(太⽥)格之進も勝って。みんな勝って……もうオレは勝てないと思ってた」 全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦オートポリス。そのチェッカー直後、勝った喜びを爆発させ、涙にむせぶ牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)の無線が頭から離...
no title 2024 スーパーフォーミュラ第4戦富士

スーパーフォーミュラ第4戦富士で行われる『ドコモ未来プロジェクト』の参加者募集中

 NTTドコモは、「未来へ歩き出す子どもたちに、ワクワクする経験を。」をキャッチフレーズにした『ドコモ未来プロジェクト』を展開しており、このなかで子どもたちがさまざまな“プロのセカイ”を体験できるプロジェクト『ドコモ未来フィールド』を行っている。現在、7月20日、21日に静岡県の富士スピードウェイで開催される全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦で、ふたつのプロジェクトの参加者を募集中だ。 ドコモ...
thumbnail image 2024 スーパーGT

「思う存分泣いてくれ」と言いたかったのに……山本尚貴が掛けた牧野任祐への言葉とスーパーフォーミュラ初優勝という大きな転換点

 スーパーGT第3戦鈴鹿、今季から新型シビック・タイプR-GTを投入しているホンダ陣営にとっては、NSX時代にこれまで得意としてきたこの鈴鹿戦が今季の行方を占う重要な1戦となる。テクニカルな鈴鹿のコースで速ければ、この後に開催されるSUGO、オートポリスでのパフォーマンスもある程度の期待が持てる。現在ホンダ陣営最上位のランキング5位の100号車STANLEY CIVIC TYPE R-GTの山本尚...
thumbnail image 2024 スーパーGT

STANLEY牧野任祐、SF初優勝で迎えるGT鈴鹿戦と改めて振り返る苦労「肩の荷がちょっと降りた」

 2週間前のスーパーフォーミュラ(SF)第2戦オートポリスで参戦6年目にてして初優勝飾った牧野任祐。その余韻を持ったまま迎える今週末のスーパーGT第3戦鈴鹿はどのような心境で臨むのか。初優勝のその後を聞くとともに、ターニングポイントとなった昨年について振り返る。「もちろん、病んでいましたね」 これは、昨年のSF最終戦鈴鹿でチームメイトの太田格之進がルーキーイヤーで初優勝を飾った後のことを振り返った...
thumbnail image JMIA

JMIAが2025年を目指し『NEXT-FORMULA-PROJECT』をスタート。コンセプトカー開発に着手

 5月22日、特定非営利活動法人である日本自動車レース工業会(JMIA)は、2025年8月の車両完成を目指し、トップフォーミュラに位置づけられるものに挑戦するための『NEXT-FORMULA-PROJECT』をスタートさせ、そのコンセプトカー開発に着手したと発表した。 JMIAは、2008年に発足した特定非営利活動法人で、『国内の技術を育成することにより、日本の自動車レース及び産業の発展振興を図る...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

オートポリスに“巨人”出現。JRP、鈴鹿市に続き大分県日田市と『地域連携パートナーシップ』を締結

 5月17日、全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦を前にしたオートポリスで、サーキットの所在地である大分県日田市と、日本レースプロモーション(JRP)との間で、モータースポーツ振興と地域活性化を目的とした『地域連携パートナーシップ』の連携協定書交換式が行われた。 この協定は4月26日に締結が発表されていたもの。JRPは2024年からスーパーフォーミュラを開催する国内5サーキットの周辺⾃治体との連...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

小林可夢偉、“SF未経験エンジニア”新加入に好感触。松田次生アンバサダーは『10画面でSFgo』。増強止まぬKCMG

 開幕前の時点で「背水の陣」と土居隆二監督が語るほど、今季に向けて体制強化を図ってきたKids com Team KCMG。ドライバーとしては福住仁嶺が移籍加入、さらに昨年まで監督を務めた松田次生がアンバサダーに就任するとともに、新たに関口雄飛をリザーブドライバー兼チームコーディネーターとして迎え入れ、全日本スーパーフォーミュラ選手権の2024シーズンをスタートさせた。 そして5月19日に行われた...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

「やっと霧が晴れた」「“中の下”くらい」「おめでとうって言ったのに」【SF Mix Voices 第2戦決勝(2)】

 全日本スーパーフォーミュラ選手権は、5月19日に大分県のオートポリスで2024年シーズン第2戦が行われた。季節外れの暑さなか実施されたレースでは、好スタートを決めてトップに立った牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がシリーズ参戦6年目にして悲願の初優勝を飾った。 決勝レース後、全ドライバーが参加して行われる取材セッション“ミックスゾーン”から、ドライバーたちが決勝...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

急きょ出場のデビュー戦でファステストラップの爪痕「シングルシーターでも速いことを示せた」バーニコート/SF第2戦

 5月19日に大分県のオートポリスで行われた全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦に急きょスポット参戦したベン・バーニコート(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)は、13位完走を果たした。バーニコートは2023年12月のルーキーテストでスーパーフォーミュラのマシンをドライブした経験を持つが、オートポリスの走行はこの週末が初めて。そんな状態にもかかわらず、レース中のファステストラップを刻む...
no title DOCOMO_TEAM_DANDELION_RACING

【2024 スーパーフォーミュラ第2戦】牧野任祐がスーパーフォーミュラ初優勝!

5月19日から20日にかけて行われたスーパーフォーミュラ第2戦九州大会。2024年シーズンは例年より約1ヶ月早い開幕ということもあり、第2戦まで2ヶ月間が開くことになった。舞台は大分県日田市にあるオートポリス。チャンピオンの完勝だった開幕戦とは異なり、第2戦では嬉しさと安堵の涙…...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

「合格点の仕事」「なんでそんな速いの?」「みんなが賢くなった」【SF Mix Voices 第2戦決勝(1)】

 開幕戦鈴鹿から2カ月。全日本スーパーフォーミュラ選手権は、5月19日に大分県のオートポリスで2024年シーズン第2戦が行われた。季節外れの暑さなか実施されたレースでは、好スタートを決めてトップに立った牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がシリーズ参戦6年目にして悲願の初優勝を飾った。 決勝レース後、全ドライバーが参加して行われる取材セッション“ミックスゾーン”から...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

山本尚貴vs岩佐歩夢、白熱したバトルの裏にあった“それぞれの誤算”/SF第2戦オートポリス

 5月19日にオートポリスで行われた2024全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦決勝。上位争いはピット戦略が分かれ、見どころ盛りだくさんの展開となった。 その中でもレース後半に白熱したのが、参戦15年目を迎える山本尚貴(PONOS NAKAJIMA RACING)とルーキーの岩佐歩夢(TEAM MUGEN)の2番手争いだ。お互いに異なる戦略を取りつつも、レース終盤まで白熱のバトルを展開した。最終...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

Juju、ラップダウン喫し20位に終わるも「タイヤが落ちてきたときのペースは悪くなかった」/SF第2戦

 2回のテストと開幕戦で走り込んだ鈴鹿サーキットを離れ、ルーキーのJuju(TGM Grand Prix)はスーパーフォーミュラでは初走行となる舞台、オートポリスへ。しかし第2戦走行初日の貴重な90分間のフリー走行のセッションの大半を、マシントラブルにより失ってしまう。 5月19日に行われた決勝レースでも、この最初のつまづきによってデータが充分に得られなかったことが響いてしまった。「チームのみんな...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

牧野任祐「もう号泣、涙が止まらなかったです」 村岡総監督「本当にこの瞬間を待っていました」【SF第2戦決勝会見】

 5月19日、大分県のオートポリスで、全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦の決勝レースが行われ、牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がキャリア初優勝を達成した。41周で争われたレースの終了後、今大会を制した牧野と2位となった岩佐歩夢(TEAM MUGEN)、3位表彰台を獲得した坪井翔(VANTELIN TEAM TOM’S)、さらに優勝チームより村岡潔総監督が会見...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

待望のSF初優勝に大号泣。参戦6年目、牧野任祐がついに表彰台の頂点に【第2戦決勝レポート】

 5月19日、2024全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦『九州大会 オートポリス』の決勝レースが、大分県日田市のオートポリスで開催され、スタートで予選2番手からトップに立った牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が、一時後続を15秒近く突き放す快走でスーパーフォーミュラ(SF)初優勝を飾った。2位は岩佐歩夢(TEAM MUGEN)、3位には坪井翔(VANTELIN...
no title 2024 スーパーフォーミュラ

【順位結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 決勝

 5月19日、大分県のオートポリスで全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦の決勝レースが行われ、牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がキャリア初優勝を飾った。2位はポールシッターの岩佐歩夢(TEAM MUGEN)、3位には坪井翔(VANTELIN TEAM TOM’S)が続いた。■2024年全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦オートポリス決勝結果(編集部集計)Po...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

強風の日曜フリー走行で2台がクラッシュ。最速は岩佐歩夢、小林可夢偉が続く/SF第2戦

 5月18日、全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦が開催されている大分県のオートポリスは、決勝日を迎えた。予選日から続く晴天の下、午前10時から30分間行われた決勝前最後のフリー走行では、岩佐歩夢(TEAM MUGEN)が最速タイムを記録。また、2台の車両がクラッシュを喫している。 気温20度/路面温度28度という条件は前日午前のフリー走行開始時に近いものだが、ナカヤマ精密(1)コーナーから最終...
no title 2024 スーパーフォーミュラ

【順位結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 日曜フリー走行

 5月19日、大分県のオートポリスで、2024全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦の日曜フリー走行が行われ、前日の予選でポールポジションを獲得した岩佐歩夢(TEAM MUGEN)がトップタイムを記録した。■2024年全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦オートポリス日曜フリー走行結果(編集部集計)Pos.No.DriverTeamEngineTime115岩佐歩夢TEAM MUGENHONDA/...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

「我慢しながらアタック」「昨年までとは逆」「残り2回は大失敗」【SF Mix Voices 第2戦予選(2)】

 5月18日、全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦の公式予選が大分県日田市のオートポリスで行われ、ルーキの岩佐歩夢(TEAM MUGEN)が自身初のポールポジションを獲得した。 ここでは予選後、全ドライバーが参加して行われる取材セッション“ミックスゾーン”から、ドライバーたちがフリー走行と予選について語った内容を2回に分けてお届けする(Part.1はこちら)。●坪井翔(VANTELIN TEAM...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

“ルーキーに敗れた”ホンダ勢の状況「不思議なことに、弱点は同じなんです」と野尻智紀/SF第2戦予選

 FIA F2帰りのルーキー、岩佐歩夢(TEAM MUGEN)が速さを披露し、参戦2戦目にしてポールポジションを獲得した全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦オートポリス。予選Q2は後続に0.338秒という、スーパーフォーミュラでは“大差”とも言える驚速ぶりで首位を手にした岩佐だが、その後方では6台が0.125秒以内にひしめく大混戦となった。 このなかで、岩佐と同じホンダ陣営に属し、今季ここまで好...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

「こうなると思ってました」「なぜかギヤが入らない」「アウトラップは任せて」【SF Mix Voices 第2戦予選(1)】

 5月18日、全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦の公式予選が大分県日田市のオートポリスで行われ、ルーキの岩佐歩夢(TEAM MUGEN)が自身初のポールポジションを獲得した。 ここでは予選後、全ドライバーが参加して行われる取材セッション“ミックスゾーン”から、ドライバーたちがフリー走行と予選について語った内容を2回に分けてお届けする。●佐藤蓮(PONOS NAKAJIMA RACING ) 予...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

信頼関係が生んだ“ターゲット1.5倍の過激なセットアップ”。小池エンジニアが振り返る岩佐歩夢の予選PP劇

 5月18日に大分県のオートポリスで行われた2024年全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦の予選。まさに0.001秒を争う激戦が繰り広げられる公式予選となったが、その中でQ2では岩佐歩夢(TEAM MUGEN)がライバルに0.338秒の大差をつけて初のポールポジションを獲得した。 なかでも際立ったのが、セクター2(3コーナー手前から第2シケイン手前まで)の速さだ。上位陣の区間タイムを見ると28秒...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

Juju、初サーキットでのトラブルで走行時間削られるも悲観せず「レース後半はチャンスがあるのかな」/SF第2戦

 史上最年少ドライバーとして3月の開幕戦で全日本スーパーフォーミュラ選手権にデビューしたJujuこと野田樹潤(TGM Grand Prix)は、オートポリスで第2戦を迎えた。昨年12月のルーキーテストから今年2月の公式合同テスト、そして第1戦と、舞台はすべて鈴鹿サーキット。開幕戦では完走を果たして大きな収穫を得ていたJujuだが、走り込めていないトラックが続く第2戦以降も同様の結果が得られるかどう...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

岩佐歩夢「鈴鹿と違って朝からいい感触」。牧野と山本は「徐々に調子を上げられた」【SF第2戦予選会見】

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦オートポリスの公式予選が終了し、デビュー2戦目にして自身初のポールポジションを獲得した岩佐歩夢(TEAM MUGEN)、最前列2番手のグリッドを獲得した牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、そして3番グリッドを得た山本尚貴(PONOS NAKAJIMA RACING)が会見に出席し、5月18(土)に行われた予選を振り返った。■...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

ルーキー岩佐歩夢が魅せた! 2番手以下にコンマ3秒差をつけSF初ポールを獲得【第2戦予選レポート】

 5月18日(土)、2024年全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦がオートポリスで開幕。同日午後に行われた公式予選でルーキーの岩佐歩夢(TEAM MUGEN)が後続を大きく突き放す驚異的なタイムで初のポールポジションを獲得した。2番手以下は1000分の1秒単位の僅差の戦いとなったが、その戦いを制した牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がフロントロウの2番手、山本尚...
no title 2024 スーパーフォーミュラ

【暫定結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 予選

 5月18日、2024年全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦の公式予選が大分県のオートポリスで行われ、岩佐歩夢(TEAM MUGEN)がSF参戦2戦目で初ポールポジションを獲得した。2番手に牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、3番手に山本尚貴(PONOS NAKAJIMA RACING)が続いている。■2024年全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦オートポリス...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

2カ月ぶりの公式走行で牧野任祐が首位。ルーキー岩佐歩夢が続く/第2戦オートポリス土曜フリー

 5月18日(土)、大分県日田市に位置するオートポリスで2024年スーパーフォーミュラ第2戦が開幕。9時15分から90分間にわたって行われたフリー走行では、牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップタイムを記録している。 3月10日に鈴鹿サーキットで行われた第1戦から2カ月強のインターバルを経て再開されるスーパーフォーミュラの戦い。舞台は九州の山間に位置する、高低...
no title 2024 スーパーフォーミュラ

【タイム結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 土曜フリー走行

 5月18日、全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦が大分県日田市のオートポリスで開幕した。3月の開幕戦鈴鹿以来、2カ月ぶりとなるレースウイークの走り出し、土曜フリー走行では牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップタイムをマークしている。■2024全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦オートポリス土曜フリー走行結果(編集部集計)Pos.No.DriverTeam...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

“これまでとは違うオートポリス”の戦い方。過去の経験が邪魔になる?/SF第2戦プレビュー

 開幕戦以来、じつに2カ月以上というブランクを経て、いよいよ2024年全日本スーパーフォーミュラ選手権の戦いが再開する。舞台は九州、大分県日田市に位置するオートポリスだ。走行前日の5月17日、暑いほどの日差しが降り注いだサーキットでは、各陣営が久々のレースに向けた準備を行った。 昨年12月の合同/ルーキーテストから、2月の開幕前の公式テスト、そして3月上旬の開幕戦まで、直近のスーパーフォーミュラの...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

戦いの舞台は初夏の九州へ。スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 搬入日の様子

 2024年の全日本スーパーフォーミュラ選手権は、5月18〜19日、大分県日田市に位置するオートポリスで、第2戦が開催される。 3月の第1戦鈴鹿サーキットから2カ月強のインターバルを置いて行われる今戦は、全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権、そしてN-ONEオーナーズカップとの併催。これらのカテゴリーの走行セッションがすでに開始されるなか、スーパーフォーミュラ走行開始前日となる5月17日金曜日...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

「話が来たのは先週の日曜」急きょ参戦のバーニコートがIMPULに合流。気になる第3戦以降のドライバーは?

 テオ・プルシェールの全日本スーパーフォーミュラ選手権(SF)離脱に伴い、急きょITOCHU ENEX TEAM IMPULの19号車から2024スーパーフォーミュラ第2戦に参戦することとなったベン・バーニコート。オファーを受けてから数日で準備を済ませて来日し、チームと合流した。 FIA F2チャンピオンであるプルシェールは、ITOCHU ENEX TEAM IMPULから“SFルーキー”として今...
thumbnail image 2024 スーパーフォーミュラ

ITOCHU ENEX TEAM IMPUL、離脱のプルシェールに代わりSF第2戦でバーニコートを起用

 5月14日、全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦するITOCHU ENEX TEAM IMPULは、今季起用していたテオ・プルシェールのインディカー参戦によるチーム離脱にともない、5月18〜19日に大分県のオートポリスで開催される第2戦に、ベン・バーニコートを起用すると発表した。第3戦以降は未定となっている。 ITOCHU ENEX TEAM IMPULは、2024年のスーパーフォーミュラに向...