シフトミス

thumbnail image GR

GRカローラのオーナーが納車から走行800kmで痛恨のシフトミス。一瞬でエンジンが分解し修理費用として新車価格を超える657万円を請求される

Image:Toyota| シフト「ミス」だけにオーナーにも非があり、本来であればトヨタが責任を取る必要もないとは考えるが |それでもGRカローラの性格等を考慮すると、トヨタは一部負担等を考慮してもいいのではと思われるさて、GRカローラのオーナーがシフトミスをしてしまい、その結果としてエンジンを破損させ、新車価格の41,515ドルを上回る42,180ドルもの修理費用を請求されたという一件が話題に。...