フェラーリ499P

thumbnail image 2024 WEC

フェラーリ、雨で惨敗したイモラの教訓活かしル・マン勝利「今回我々が取った選択はすべて正しかった」

 フェラーリのル・マン24時間レースでの勝利には、イモラで得た変化するコンディションへの対処法に関する教訓が「大いに役立った」と、同ブランドのグローバル耐久レース責任者アントネッロ・コレッタは考えている。 フェラーリはトヨタ、ポルシェ、キャデラックら強敵を克服し、6月15〜16日に行われた世界耐久選手権の最高峰レースでニクラス・ニールセン、アントニオ・フォコ、ミゲル・モリーナがドライブする50号車...
thumbnail image 2024 WEC

フェラーリが快挙! 90年ぶりのル・マンとモナコGP同年優勝。連覇達成で「まぐれではなかったことを証明」

 フェラーリは、6月15日から16日にかけてフランス、サルト県のル・マンで開催されたWEC世界耐久選手権第4戦『第92回ル・マン24時間レース』の決勝において、2年連続となる総合優勝を達成。前年の51号車フェラーリ499Pの勝利に続き、アントニオ・フォコ/ミゲル・モリーナ/ニクラス・ニールセンのトリオがドライブする50号車フェラーリ499Pがライバルを下した。 フェラーリAFコルセがオペレーション...
no title 2024 WEC

【動画】トヨタvsフェラーリ、14秒差の決着/2024年WEC第4戦ル・マン24時間 決勝ハイライト

 F1モナコGP、アメリカのインディ500マイルレースと並んで“世界三大レース”のひとつに数えられるル・マン24時間レース。今季2024年に101周年を迎えた第92回大会の決勝が6月15~16日にフランス、サルト県ル・マン市のサルト・サーキット(正式名称:ル・マン24時間サーキット)で開催された。 トップカテゴリーであるハイパーカークラスで計9メーカー都合23台が総合優勝を争い、最後はトヨタとフェ...
thumbnail image 2024 WEC

フェラーリ、WECスパで却下された抗議に控訴。前代未聞のレース延長について「明確化を求める」と主張

 フェラーリのグローバル・エンデュランス部門の責任者であるアントネッロ・コレッタは、WEC世界耐久選手権第3戦スパ・フランコルシャンのレース後において却下された抗議に対し、イタリアのブランドが控訴したことを明らかにした。 5月11日(土)にベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットで開催された6時間レースでは、アール・バンバーがドライブする2号車キャデラックVシリーズ.R(キャデラック・レーシン...
thumbnail image 2024 WEC

出力向上のトヨタは歓迎、牙を抜かれるフェラーリは「影響必至」。ル・マンで初導入の新性能調整の捉え方

 ル・マン2連覇を狙うフェラーリ陣営にて50号車フェラーリ499Pをドライブするアントニオ・フォコと、ディフェンディングチャンピオンである姉妹車51号車を駆るジェームス・カラドは、ハイパーカーBoP(バランス・オブ・パフォーマンス=性能調整)に“パワーゲイン”が導入されたことで、イタリアのブランドによる防衛戦に影響を与える可能性があることを認めた。 6月12~16日にフランスで開催される第92回ル...
thumbnail image 2024 WEC

“戦略失敗”の雨は「本当にヤバかった」。フェラーリ499Pの最大の弱点は不安定なコンディション?

 フォーミュラ・ルノー3.5等のシングルシーターを経て、2010年よりアウディスポーツのファクトリードライバーとして、DTMドイツ・ツーリングカー選手権に参戦、2016年のシーズンをもってアウディを離れ、2017年からはフェラーリへ移籍したミゲル・モリーナ。 フェラーリに移籍してからは、GT3やLMGTEクラスのGTカーをドライブしていたが、2023年からはWEC世界耐久選手権でフェラーリAFコル...
thumbnail image 2024 WEC

トヨタとポルシェだけじゃない。前年覇者フェラーリ、2024年のル・マンは三つ巴以上の争いになると予想

 WEC世界耐久選手権のトップカテゴリーに参戦しているフェラーリは、101周年を迎える今季2024年のル・マン24時間において、シリーズの開幕戦よりも多くのメーカーが優勝争いに参加することを期待している。ハイパーカークラス参戦2年目となるフェラーリAFコルセは、2023年に499Pで獲得した歴史的な勝利の防衛を目指し、6月に開催される伝統の一戦に臨む。 フェラーリ、ポルシェ、トヨタはシーズン序盤の...
thumbnail image 2024 WEC

赤旗後のレース延長で「勝利を奪われた」と主張するフェラーリ。抗議とその棄却の背景/WECスパ

 フェラーリAFコルセのドライバー、ジェームス・カラドとアントニオ・フォコは、赤旗後のレース延長の決定によって、WEC世界耐久選手権第3戦スパ・フランコルシャン6時間レースでの勝利を「奪われた」と感じている。 また、レース後にフェラーリはこの件に関して抗議を行ったが、スチュワードによって棄却されている。■「『スパ7時間45分レース』は僕らの計画にはなかった」 5月11日にベルギーのスパ・フランコル...
thumbnail image 2024 WEC

予選失敗は「自分のミス」とフェラーリのカラド。アタックドライバー統一の必要性も示唆

 フェラーリAFコルセのドライバー、ジェームス・カラドは、WEC世界耐久選手権第3戦の予選で、51号車フェラーリ499Pをハイパーポールに進められなかったことについて、全責任を認めた。 5月10日金曜の午後にベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットで行われた予選で、カラドは51号車フェラーリ499Pのアタックを担当したが、11番手タイムしか記録できず、わずか0.021秒の差でトップ10入りを逃...
thumbnail image 2024 WEC

車両規定違反によりフェラーリのポールポジション剥奪。佐藤万璃音組マクラーレンもタイム抹消/WECスパ

 フェラーリAFコルセの50号車フェラーリ499Pは、5月10日(金)にスパ・フランコルシャンで行われた予選後に重量不足が判明したため、WEC世界耐久選手権第3戦『スパ・フランコルシャン6時間レース』のポールポジションを剥奪された。■原因はFP3でのリヤエンド交換とフェラーリは説明 アントニオ・フォコは、ニクラス・ニールセン、ミゲル・モリーナとシェアするフェラーリ499Pのステアリングを握り、ハイ...