ハイパーカー

thumbnail image Nilu27

元ブガッティのデザイナーが発売するハイパーカーブランド、Nilu27はとんでもないクルマになりそうだ。リヤはエンジンほぼむき出し、許容回転数は11000回転

| ティーザー画像を見ただけでも「妥協なきパフォーマンス」を追求したであろうことがよくわかる |エンジンはおそらく自然吸気、「V12」だとも推測されているがさて、先日は元ランボルギーニ / ブガッティ / ケーニグセグのデザイナー、サシャ・セリパノフ氏が自ら立ち上げた新ブランド、「Nilu27」から発売する新型ハイパーカーのティーザー動画が公開されていますが、今回はさらにいくつかの画像が追加にてリ...
thumbnail image GB110

ついに復活宣言を行ったベルトーネ。モナコにて「1,108馬力、ガソリンエンジンオンリー」のGB110を公開、33台のみ限定にて販売を開始

| 現時点ではGB110の価格についてアナウンスはなされていないが、ごく一部の人しか購入できない価格となるのは間違いない |今の時代に「ノンハイブリッド、V10」は大きな魅力であるさて、ベルトーネが2022年12月に予告していたニューモデル、「GB110」の実車を公開。GB110発表の場はモナコにて開催された「超高級品見本市」トップマルケスで、つまり対象は「数億円」をポンと支払うことができる富裕層...
thumbnail image EV

フェラーリ初のEVの価格は「少なくとも8500万円」との報道。世界中でその価格の高さが指摘されるもボクにとっては「意外と安く設定するんだな」という印象

| フェラーリはこのエレクトリックハイパーカーの生産を絞るはずで、となるとフェラーリはもっと価格を引き上げてもいいはずである |フェラーリは絶対に「バーゲン」を行わないさて、フェラーリの内部関係者がロイター通信に語ったところによると、「フェラーリの新しいEVの価格は少なくとも50万ユーロ」。この50万ユーロというのは現在の為替レートだと約8500万円に相当し、そしてここにオプション等を追加してゆく...
thumbnail image #ブガッティ

ブガッティCEOが新型ハイパーカーについて語る。「ほとんどの人が新型ブガッティはEVにすべきだろうと言った。そうするのは簡単だが、簡単な道を選ぶのは私のやり方ではない」

| ブガッティの新型ハイパーカーはフロントに2つ、リヤに1つのエレクトリックモーターを搭載することも判明 |あわせて比類なきクオリティとクラフトマンシップをあわせ持つことにも言及されるさて、ついに明日にはシロン後継となる新しいブガッティのハイパーカーが公開される予定ですが、今回おそらく最後となりそうなティーザー動画が公開されることに。この動画では新型ブガッティのディティール(しかも今までに公開され...
thumbnail image アストンマーティン

アストンマーティンが2025年のル・マン復帰に際しその情報を追加公開。参戦するのは2台のヴァルキリー、おそらくはル・マン「ハイパーカー」唯一の自然吸気V12

| 2025年のル・マンは今年以上に激戦となるのは間違いない |現代では「モータースポーツでの成功」が市販車の売れ行きを左右するという「以前の時代」に逆戻りアストンマーティンは昨年「2025年のル・マン24時間レースにて復帰を果たす」とアナウンスしていますが、今回は少し踏み込んだ内容について触れています。公式プレスリリースによると、パートナーはハート・オブ・レーシング、そして参戦するのは2台のヴァ...
thumbnail image ■そのほか自動車関連/ネタなど

モナコにてスーパーカー/ハイパーカー70台が集まるイベントが開催。ランボルギーニやフェラーリ他、集まったクルマ達を見てみよう【動画】

| モナコでは「他では見ることができないような」珍しいクルマが多数走っている |とにかくフェラーリ、ランボルギーニは「当たり前」さて、先日モナコではスーパーカー/ハイパーカー70台が集まるイベントが開催されたそうですが、その際の様子を捉えた動画が公開に。主には(おそらくは集合地点である)オテル・ド・パリの前、そしてその周辺にて撮影されており、数々のエキゾチックカーが登場します。そしてイキナリではあ...
thumbnail image ケーニグセグ

納車直後、走行160kmのケーニグセグ・ジェスコが炎上した「続報」。ケーニグセグがオーナーに対し「原因が判明するまでクルマを運転しないよう」要請、現在調査中

| ケーニグセグは非常に高いエンジニアリング精度を誇り、炎上する例は珍しい |そしておそらく、発火の原因を突き止めることは容易ではないだろうさて、先週末にギリシャにて開催された「ケーニグセグ ゴースト スクアドロン 2024 ラリー」において、不幸にもジェスコ・アタックエディションが炎上し灰になるという事件がありましたが、幸いにも負傷者は出ておらず、現在はその原因の究明段階にあると言われます。そし...
thumbnail image 296GTB

まさかのル・マン・ハイパーカー、キャデラックVシリーズ.Rがドラッグレースに登場。対するはフェラーリ296GTBに750S、911ターボS。勝敗はいかに【動画】

| まさか現役のル・マン用ハイパーカーがドラッグレースに登場するとは |一方で市販スーパーカーの高性能ぶりにも驚かされるさて、ル・マン24時間レースがついにスタートし、現在では「フェラーリ、ポルシェ、トヨタ」の三つ巴となっているものの、昨年の決勝、そして今年のハイパーポールでもほかを圧倒する強さを見せたのがキャデラック。そして今回、なんとキャデラックの(本物の)ル・マン・レーシングカー、Vシリーズ...
thumbnail image #ブガッティ

ブガッティが新型ハイパーカーのティーザー動画を2本公開。1本はホイール、もう1本はボディサイド。いずれもブガッティらしさ満載、外観はシロンと大きく変わらない?

| 一方、その「内面」は完全新設計となり、比類なきパフォーマンスを発揮するであろう |新型ブガッティは6月20日の発表のその瞬間から「歴史を作る」こととなるに違いないさて、ブガッティの新型ハイパーカーの発表まで「あとわずか」に迫っていますが、ここでブガッティは立て続けに2本のティーザーを公開。1本はホイール、そしてもう1本はボディサイドを捉えたもので、これらを見るとブガッティとしての伝統と要素を高...
thumbnail image ケーニグセグ

ケーニグセグが「ジェスコの特別版」を発売予定。すでに顧客にはアナウンスされ、アタックとアブソリュートの上に位置、「非常に制限された」台数が生産

| ケーニグセグの重要顧客がこぞってこの「特別バージョン」の存在について情報を共有 |しかし現時点ではそれがどういったハイパーカーになるのかはわからないさて、ケーニグセグが何やら新しい「ジェスコの特別モデル」の開発に取り組んでいる、とのこと。現在ケーニグセグからなんらかのアナウンスがなされたわけではありませんが、ケーニグセグと近い関係にある複数のインフルエンサーが「意味深な」投稿をそれぞれのインス...
no title LM1

ラフィットのハイパーカー「LM1」、モナコで開催されるモーターショーで発表

2024年6月5日から9日まで、モナコで開催されるモーターショー「トップマルケス モナコ」において、ラフィット アウトモビリはハイパーカーの「LM1」を発表した。...
thumbnail image #ブガッティ

ブガッティ「新型ハイパーカー」最新ティーザー動画が公開、車体後部中央には光る「BUGATTI」文字。ブガッティ各モデルのリアはこうなっている【動画】

Image:BUGATTI| ブガッティ各モデルは「新しくなるにつれ」その歴史へのオマージュ度合いが強くなっているようだ |シロン後継ハイパーカーはこれまで以上にスタイリッシュで先進的、しかしタイムレスな存在になるのかもさて、ブガッティは「シロンの最後の一台」を納車し、その後継モデル発表にフォーカスしている段階ですが、先日はその発表が「6月20日に行われる」というアナウンスがなされています。そして...
thumbnail image SUV

マクラーレンCEOが「電動ハイパーカー」について語る。ランボルギーニ、リマックCEOとは異なり「電動ハイパーカーの時代が来る」と捉えているもよう

| 実際のところ、未来がどうなるかは誰にもわからず、もしかすると本当に電動ハイパーカーの時代がやってくるかも |それでもマクラーレンの電動ハイパーカーが登場するには数年を要するだろうさて、バーレーン王国の政府系ファンド、ムムタラカット ホールディング カンパニーの支援を得て資金上の不安が(いったんは)解消されたマクラーレン。現在は既存ラインアップの更新を完了し、次なる展開は「SUV」「(今年後半に...
thumbnail image F1

キャデラックがハイパーカーを投入する可能性が報じられる。日本では高級車のイメージが強いが、実は2023年のル・マンでも3位と4位に入っている

Image:Cadillac| キャデラックは過去にもカッコいいコンセプトカーを作っていた |キャデラック シエン コンセプトは映画「アイランド」にも登場しているさて、キャデラックのデザイナー、マイケル・シムコー氏がハイパーカーに対する興味を語ったことでちょっとした話題に。日本だとキャデラックといえば乗り心地の良い大きなアメ車といったイメージを持つ人が大半だと思われ、しかし本国アメリカではハイパフ...
thumbnail image ネヴェーラ

リマックがそのCEO、メイト・リマック専用車を公開。祖国クロアチアへの愛が詰まった仕様を持ち、シート左右は色違い、それぞれに自身と妻の名が刺繍にて再現

Image:Rimac| 自身の会社を立ち上げ、自身の名を持つハイパーカーが納車されるのは格別の喜びに違いない |世界中探しても、同様の経験ができるのはわずか数人であるさて、リマックがそのCEO、メイト・リマック氏へと特別なネヴェーラを納車したと正式に発表。つまり、メイト・リマック氏は自身の名を冠した会社を設立してから15年を経たのち、ついに自分専用として自社のクルマを受け取ったということになりま...
thumbnail image #ブガッティ

ブガッティがシロン後継ハイパーカーの公式ティーザー動画を公開。「速さ」とは無関係な装飾が用いられており優雅さ重視の余裕も。なお発表は6月20日

| ブガッティの新型ハイパーカーはそのパフォーマンスだけではなく、芸術性においても比類なき存在となるだろう |新興ハイパーカーが多数登場する中、ブガッティ最大の強みは「歴史に裏付けられた芸術性」でもあるさて、先日より様々なリークや情報公開が見られるブガッティの新型ハイパーカー。これは2016年に登場し、先日「最後の一台を作り終えた」と発表されたシロンの後継モデルというポジションを持つクルマですが、...
thumbnail image NSX

ホンダが「F1の技術を使用したハイパーカー」の発売に興味。アストンマーティンとの協業を活用し両社の名義にてレッドブルRB17の対抗を開発?

| 可能性としてはゼロではないが、ホンダ単独でこのプロジェクトを進行させることは難しいと思われる |現実的にはアストンマーティンとのパートナーシップによって進められることとなるのかもさて、(第二世代)ホンダNSXの販売はすでに終了していますが、その終了前から話題となっていたのが第三世代の新型NSX。これについてはホンダが直線言及したこともあって現実性の高い存在だと考えられているものの、今回は(おそ...
thumbnail image アダマストール

「ポルトガル初」のハイパーカー、アダマストール・フューリア誕生。3.5L V6を積み650馬力を発生、限定60台、価格は2億7300万円【動画】

| 価格がかなり「割高」なようにも思えるが、一定の需要があるのかもしれない |出力・最高力は目をみはるレベルではないものの、車体重量は驚愕の1,100kgであるさて、ポルトガル初という触れ込みにて「アダマストール・フューリア(Adamastor Furia)」なるスーパーカー(あるいはハイパーカー)が誕生。一見するとアストンマーティン・ヴァルキリーのようではあるものの、搭載されるエンジンはフォード...
thumbnail image 296GTB

フェラーリSF90ストラダーレ後継?偽装厚ながらもリアの「LEDライトバー」「大きなダックテール」っぽい仕様が確認でき、SF90 XX風へと変更か

| フェラーリはまだまだ大量のニューモデルを用意している |おそらく、SF90ストラダーレ後継モデルは「よりアグレッシブな」デザインを採用することになりそうださて、フェラーリは先日12チリンドリ/12チリンドリ スパイダーを発表したところですが、今後まだまだニューモデルの発表が続くものと思われ、ここからはSF90ストラダーレ/SF90スパイダー後継、296GTB/296GTSのスペシャルモデル、ロ...
thumbnail image #ブガッティ

ブガッティが「最後の(500台目の)シロン」を作り終えたと発表。登場から8年の間に培われた技術、そして記念碑を内外装に再現し「ルルティム」と命名される【動画】

| ただしブガッティはこれからボリード、W16ミストラルの生産を行うことに |一方、6月にはシロン後継ハイパーカーの発表が控えているさて、ブガッティがついに「500台目」、つまり最後のシロンを作り終えたと発表。この「500台」というのは8年前に発表された際に計画されていた台数であり、ついにブガッティはその予定台数を作り終えたということになりますが、最後のシロン(スーパースポーツ)は「2018年には...
thumbnail image アマルガム

その価格はトヨタ・ハリアー1台分。1/8サイズのマクラーレン・セナ・センパーが3,251,000円にてアマルガムより30台のみ限定販売

| アマルガムはマクラーレンより3D CADデータの提供を受けて精巧なモデルカーを制作 |マクラーレン・セナ・センパーの設計には3,000時間、組み立てには300時間さて、マクラーレンはつい先日、アイルトン・セナ没後30周年を記念した「セナ・センパー」を発表したところですが、その数日後にはアマルガムがその1:8サイズのスケールモデルを発表することに。なお、セナ・センパーはマクラーレンがセナを偲んで...
thumbnail image BMW

BMWが25年ぶりのル・マン復帰に際してM ハイブリッド V8 パフォーマティブ ペインティングを公開。「この走る芸術作品は、レースを終えてはじめて完成するのです」

Image:BMW| 今年のル・マン24時間レースは前代未聞の熾烈な戦いとなるのは間違いない |62台の出場車の中でも、このBMW M ハイブリッド V8 パフォーマティブ ペインティングはひときわ目立つ存在となるだろうさて、BMWがパリのポンピドゥーセンターにてBMWでは通算20台目のアートカー「 BMW M ハイブリッド V8 パフォーマティブ ペインティング」を公開。ペイントを担当したのはア...
thumbnail image F1

マクラーレンがモナコGPに向け特別カラー「セナ・センパー(セナよ永遠なれ)」をペイントしたセナ30とMCL38を公開。セナ30には「遠くを見つめるセナ」も再現【動画】

| 車体上に再現されるアイルトン・セナは手書きのドットマトリクスにて |このセナ30は「マクラーレン・セナのプリプロダクションモデル」をベースに制作されている今年は1994年のサンマリノGPにおけるアイルトン・セナの死から30年というひとつの節目となっており、レゴやドゥカティが相次ぎアイルトン・セナへのトリビュートとなる製品を発表していますが、今回マクラーレンが「2つの」セナへの賛辞を公開していま...
thumbnail image エレクトリック

ランボルギーニCEO「今のところ、売れているエレクトリックハイパーカーは存在しません。もしかしたらその時代は永遠に来ないかもしれません」

| 少し前の「エレクトリックこそ未来」という風潮とは異なり、現在は急激にエレクトリックが敬遠される傾向にある |特に消費者はピュアエレクトリックカーに「そっぽを向いている」と言っていいさて、ランボルギーニは2028年に「初」となるピュアエレクトリックカー、「ランザドール」を発売する予定ですが、これはスーパースポーツではなくクロスオーバー的ボディを持つ「2+2のGTカー」。つまりランボルギーニは(ス...
thumbnail image #ブガッティ

ブガッティやランボルギーニ、ケーニグセグで活躍したデザイナーが自分の理想のハイパーカー、「Nilu27」を8月15日に発表すると予告。衝撃に備える必要がありそうだ【動画】

| 現時点ではほぼ情報が公開されておらず、おそらくNilu27はブランド名、そして車名は別に用意されるものと思われる |これまでのサッシャ・セリパノフの業績から判断するに、大きな期待を寄せても間違いはないだろうさて、フォルクスワーゲングループにてランボルギーニやブガッティのデザインに関わり、そこからヒョンデ、さらにケーニグセグへと移った後に独立の道を歩んだカーデザイナー、サッシャ・セリパノフ氏。そ...
thumbnail image #ブガッティ

ブガッティ新型ハイパーカーの「機械式高級腕時計を連想させる」メーターパネル画像が流出。まるでオーデマ ピゲやウブロのクロノグラフのようだ

| 新世代のブガッティは「他者に模倣されるような」「すぐに普遍化するような」技術の使用を避けるものと思われる |より「天上天下唯我独尊」色を強めることになりそうださて、ブガッティの新型ハイパーカーについてはチョコチョコと情報が公開されたりリークが報じられていますが、今回はそのメーターを(画面越しに)撮影したと思われる画像が流出。このシロン後継ハイパーカーについては「V16自然吸気エンジン」を搭載す...
thumbnail image BLOODL1NE

マクラーレンが新たに「BLOODL1NE」なる商標を出願。自分たちのみが「マクラーレンF1の正当な血統に当たる後継モデル」を作れるという意思表示なのだと推測

| マクラーレンはおそらくGMA T.50の存在を疎ましく思っているはずである |ここでその血統の正当性を示そうと考えた可能性も推測できるさて、マクラーレンは現在「新型ハイパーカー」の発表を控えている状態だとされますが(発表日はわかっていないが、今年の夏という説が有力である)、マクラーレンは3月からたてつづけにいくつかの商標を出願しており、まずは「W1」「MP1」、そして「H1」「U1」が出願済み...
thumbnail image B95

アウトモービリ・ピニンファリーナがついに日本でも展開を開始。バッティスタ、そしてB95を公開し「日本には豊かな自動車文化と、芸術性を評価できる顧客が存在する」

Image:Pinfarina| たしかに日本はピニンファリーナに対して古くから親しんでおり、理解を示すことができる国である |ただし日本に入ってくるピニンファリーナのハイパーカーは「ごく少数」さて、アウトモービリ・ピニンファリーナが日本での展開を開始すると発表するとともに2台のピュアエレクトリックハイパーカーを公開。一台はバッティスタ「チンクアンタチンクエ」、そしてもう一台はオープンモデルのB9...
thumbnail image アルピーヌ

アルピーヌが水素エンジン搭載のハイパーカー「アルペングローHy4」発表。すでに実走可能、「私たちは水素内燃エンジンが非常に有望な解決策であると考えています」

| アルペングローコンセプトからデザインが変更されるも「より未来的に」 |ルノーグループはどうやら水素を全面に押し出しサバイバルレースを走るようださて、アルピーヌが水素内燃エンジンを搭載するハイパーカー、「アルペングローHy4」を発表。これは2022年に発表されたアルペングローコンセプトの発展版ということになりますが、たしかに当時も「単なるコンセプトカーではなく、ブランドのマニフェストである」と語...